「不動産契約と住みたい街の関係性」について、20~30代の男女300人にアンケート調査しました!不動産契約する前に、約7割の人が物件周辺の街を実際に歩いて調べる、その理由とは?

住んでみたいと思う、おでかけコースランキング発表!

おでかけコース情報を通して、住みたい街を紹介するメディア、デカケルJP(http://dekakeru.jp)を運営する、株式会社Libalent(リバレント)(本社:東京都新宿区、以下Libalent)は、不動産契約実績のある20代~30代の男女300名に、「不動産契約と住みたい街の関係性」についてアンケート調査を実施しましたので、お知らせいたします。
■「不動産契約と住みたい街の関係性」に関するアンケート調査ダイジェスト
  1. 不動産契約をする前に、物件周辺の街を実際に歩いて調べる人は7割
  2. 不動産契約をする上で、7割の人が「その街に住むイメージが持てる」が重要と回答
  3. どんなおでかけコースがある街に住みたいか?約4割の人が「のんびりできる公園とカフェを巡れるコース」と回答

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①不動産契約をする前に、物件周辺の街を実際に歩いて調べる人は7割

 

主なFA

→実際に街を歩いて調べてみる人(66%)

「一番信頼できる方法なので(20代男性)」
「どんなにネットで調べても、やはり実際に足を運んで歩いてみないと見えない部分があるから(30代男性)」
「不動産サイトの情報はあてにならないから(30代女性)」
「街灯の有無や景観や騒音の程度など、載っていなかった情報や、実際に確認しておきたいことがあったから(30代女性)」

→街を歩かない人(34%)

「物件を探すので精いっぱいで、そこまでする余力がなかったから(20代男性)」
「電車代がかかる(20代女性)」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

②不動産契約をする上で、7割の人が「その街に住むイメージが持てる」が重要と回答

 

 

主なFA

非常に重要/重要(70%)

「イメージできる=損得の判断ではなく直観で良いと感じてる証拠だから(20代男性)」
「高いお金を払うのに、実感が湧かない住まいにお金は払えない(30代男性)」
「街の雰囲気が合わないとストレスをためることになりそうだから(20代女性)」
「その後の住みやすさや居心地がちがってくるし、長く住みたいと感じるならなおさらだから(20代女性)」


そこまで重要ではない/重要ではない(30%)

「住んでみないとわからないから(30代女性)」
「新鮮さを感じることも重要だから(20代男性)」
「住めば都だから(30代男性)」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

③どんなおでかけコースがある街に住みたいかは、約4割の人が「のんびりできる公園とカフェを巡れるコース」と回答

 

主なFA

1位・・・のんびりできる公園とカフェを巡れるコースがある街(37%)

「週末の過ごし方をイメージできるから(30代男性)」
「週末はのんびり過ごしたいし、ひとりで楽しむ休日もほしいから(20代女性)」

2位・・・活気ある商店街でグルメとショッピングが楽しめるコースがある街(33%)

「食べ物にはこだわりがあるので、たくさんおいしい行きつけのお店を見つけたいため(30代男性)」
「小さい子供の子育てがいちばん重要。 商店街が活き活きしている街は、住民のつながりが大切にされていると感じる(20代女性)」

3位・・・ストレス発散できる下町の銭湯と酒場を巡れるコースがある街(12%)

「仕事してると都会で気軽に入れる銭湯とか居心地のいい酒場はうれしい。 あとたまに近くに来た人といけるワインバー情報なんかもほしい(30代男性)」
「温泉が好きなので。お酒も好きだし日頃のストレスを解消したい(20代女性)」

4位・・・おしゃれな雑貨やインテリアを巡れるコースがある街(6%)

「休みの日が楽しみになるから(20代男性)」
「そうゆう店がある街はきれいそうだから(30代女性)」

5位・・・健康維持やダイエットを目的にランニングできるコースがある街(6%)

「インフラ部分が整っている街は、住みやすいと思う(20代男性)」

6位・・・深夜まで遊べるスポットを巡れるコースがある街(4%)

「仕事で夜遅くなることが多いので、深夜まで開いているお店が多い方がいいから(20代女性)」

6位・・・美術館や博物館などアートスポットを巡れるコースがある街(2%)

「美術館などがある所は、静かで治安が良さそう(30代女性)」


その他の設問について

・不動産物件を決定する際に、「物件周辺の街の情報」は重要ですか?
・「物件周辺の街の情報」はどのように調べましたか?
・不動産物件の周辺情報を調べるときに、エリア名+どんなキーワードで検索しますか?
・その街に住んでどんな状態になっている自分がイメージできると、その街に住みたいと思いますか?
・現在あなたが住んでいる街でおすすめする、平日や休日のおでかけコースを教えてください

調査概要については、以下お問合せください
http://libalent.com/contact/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■調査概要
調査方法:インターネット
調査地域:全国
調査対象:20代、30代の男女
サンプル数:300名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【デカケルJPとは?】
・コース形式で街の魅力を伝えるメディア、デカケルJP(http://dekakeru.jp/
・鉄道や不動産会社、自治体向けにコースコンテンツを通して、エリア価値を向上するソリューション活動を行っています

上記多数のソリューション実績が多数ありますので、ご興味がある方は以下お問合せください。

デカケルJP:http://dekakeru.jp/
問い合わせ:http://libalent.com/contact/
担当:甲斐
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

商号:株式会社Libalent(リバレント)
本店所在地:東京都新宿区新宿5-18-14 新宿北西ビル8階設立:2015年6月
http://libalent.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Libalent >
  3. 「不動産契約と住みたい街の関係性」について、20~30代の男女300人にアンケート調査しました!不動産契約する前に、約7割の人が物件周辺の街を実際に歩いて調べる、その理由とは?