ボーイング787初号機をメインとした複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS」の起工式を開催

ZA001の大移動等を経て、2018年夏のオープンを目指します。


セントレアでは、ボーイング787初号機(ZA001)の屋内展示をメインとした複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS」の整備を進めていますが、本日建設予定地において起工式を行いました。
  起工式において、中部国際空港株式会社代表取締役社長の友添雅直は、『「FLIGHT OF DREAMS」がZA001にとっての新しい空となり、皆さまの夢であふれる空間になることを願っている。』と挨拶しました。
本日着工し、今夏には一般のお客様にこの施設をより知っていただくためのプロモーションイベント、冬には、建物内へのZA001の大移動といったイベントを経て、2018年夏のオープンを目指します。
 
<起工式について> 
①日 時:2017年4月27日(木)10:00~10:40
②場 所:中部国際空港 内「FLIGHT OF DREAMS」 建設予定地
③内 容:神事および関係者挨拶
④参列者:
(施主)中部国際空港株式会社 代表取締役社長 友添 雅直
(設計)株式会社日建設計 執行役員名古屋代表 西村 浩様
(設計)株式会社東急エージェンシー 名古屋支社 支社長 峯 辰雄様
(施工)東急建設株式会社 代表取締役専務執行役員営業本部長 浅野 和茂様ほか、計 約40名
 


 

 


「FLIGHT OF DREAMS」の建物については、本日時点で以下概要となります。
・建築面積:約6,500㎡
・延床面積:約11,000㎡
・高さ:約24m 
・階数:地上3階
・構造:鉄骨造
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 中部国際空港株式会社 >
  3. ボーイング787初号機をメインとした複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS」の起工式を開催