「本郷真砂(まさご)南地区市街地再開発準備組合」事業協力者に選定

~東京都・文京区において、当社初の再開発事業参画~

 野村不動産株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:宮嶋 誠一、以下当社)は、東京都文京区本郷四丁目で計画推進中の「本郷真砂南地区第一種市街地再開発事業(以下、本事業)」(本郷真砂南地区市街地再開発準備組合 理事長:平塚正和)の事業協力者に選定されましたので、お知らせいたします。
【本事業の経緯】
 本事業は、現在に至るまでに地元権利者により、15年近く「街づくり」の検討が行われておりました。2013年5月に地元権利者の発意により、当準備組合の前身の組織体である「本郷真砂南地区まちづくり協議会」が組成されました。同年6月に当社が協議会の一員として選定されて以来、地区の利便性を活かしながら、共同化を図り、災害に強い、「安心・安全の街づくり」を進めるべく、市街地再開発事業の実現に向けた検討を進めて参りました。地元権利者の本事業に対する高い関心と意欲により、2017年3月には準備組合が設立され、同年6月25 日には「第1回本郷真砂南地区市街地再開発準備組合総会」が開催され、当社が事業協力者に選定されました。
 
【事業立地】
 本地区は文京区の「春日」駅、「後楽園」駅の2駅4路線(都営三田線、大江戸線、東京メトロ丸の内線、南北線)が利用できるなど利便性に優れた場所に位置しており、文京シビックセンター(文京区役所)の直近に位置しております。また、本事業計画予定建物については、「春日」駅に直結予定となっております。

【開発方針】
 本地区は商店の賑わいの衰退、西側に面している白山通 や近接する春日通が【緊急輸送道路】に指定されている一方、本地区では狭隘(きょうあい)道路や行き止り道路が多く、消防活動や災害時の避難に支障が出る恐れ・住宅密集による延焼の恐れ等の課題を多く抱えております。本事業では、現況の課題解決は勿論のこと、権利者や周辺地区の皆様の発展にも寄与する文京区の玄関口にふさわしいランドマークとなる街づくりの整備実現を目指して参ります。

【地図】 

この地図は、国土地理院発行の地理院地図(電子国土Web)を使用したものです。この地図は、国土地理院発行の地理院地図(電子国土Web)を使用したものです。


【計画概要】

 

 

当社の再開発事業に対する取組について】
 当社では、これまでにも主に首都圏を中心に市街地再開発事業、マンション建替事業など、行政、地権者の皆様とともに進める街づくり事業に積極的に参画しておりますが、今後は全国においても再開発事業に積極的に取り組んでまいります。

 再開発事業は、老朽化した建物の震災対策の側面から、また「街づくり」の観点からも、社会的に大変意義のある事業であり、今後ますますニーズが高まっていくものと考えております。今後は住宅系再開発において業界トップクラスの実績と豊富なノウハウを活かし、行政、地権者の皆様と協力をしながら、総合デベロッパーとして都市の再生や地域の発展に貢献すると共に、未来につながる街づくりに取り組んでまいります。

 再開発・建替等 主要プロジェクト

上記表は、中長期経営計画(https://www.nomura-re-hd.co.jp/ir/management/plan.html)におけるフェーズ毎の開発スケジュールを記載しております。※1 共同事業案件 ※2住宅用途以外の取得も検討
 

プラウドタワー立川(2016年竣工)プラウドタワー立川(2016年竣工)

 

プラウドシティ阿佐ヶ谷(2016年竣工)プラウドシティ阿佐ヶ谷(2016年竣工)

 

プラウドタワー武蔵浦和レジデンス(2017年竣工)プラウドタワー武蔵浦和レジデンス(2017年竣工)

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 野村不動産ホールディングス株式会社 >
  3. 「本郷真砂(まさご)南地区市街地再開発準備組合」事業協力者に選定