読書メーター×ダ・ヴィンチ 第5回 レビュアー大賞 開催!課題図書発表

~課題図書は阿部智里『烏に単は似合わない』、西加奈子『i(アイ)』など話題作8作品~

株式会社トリスタ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:橋場一郎)が運営する日本最大級の書評サイト「読書メーター」と、本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』(発行: 株式会社KADOKAWA)が共同で開催するベストレビュアーを決定するコンテスト「読書メーター×ダ・ヴィンチ レビュアー大賞」の課題図書が9月21日(月・祝)に発表されました。
●読書ファン注目のレビューコンテスト

「レビュアー大賞」は、指定された課題図書に応募されたレビューの中から「ベストレビュアー」を決定する企画です。
昨年開催した「第4回 レビュアー大賞」では、平野啓一郎の『マチネの終わりに』を含む文庫8作品を課題図書とし、約1,200件の応募が集まりました。また、「読書メーター」と書店がタイアップして全国展開した「レビュアー大賞課題図書フェア」も同時に開催しました。

今回で5回目の開催となる「読書メーター×ダ・ヴィンチ レビュアー大賞」の課題図書は、最新刊『楽園の烏』で第二部の幕を開けた阿部智里の「八咫烏シリーズ」1作目『烏に単は似合わない』や、直木賞作家・西加奈子の『i(アイ)』を含む話題の8作品。

レビュアー大賞本選では、課題図書8作品の各作品につき3名の優秀レビュアーを選出し、ユーザー投票でベストレビュアーを決定します。
『ベストレビュアー賞』として各1名(計8名)には10,000円分、『優秀レビュアー賞』として各2名(計16名)には5,000円分の図書カード(ネットギフト)を贈呈。
さらに、8名のベストレビュアーのなかから1名を 『ベスト・オブ・ベストレビュアー』に選出します。
ベスト・オブ・ベストレビュアーに選ばれた方は、副賞として自身のおすすめ本を読書メーターの特設ページで紹介できます。
レビュアー大賞開催に伴い、全国書店で「レビュアー大賞課題図書フェア」を開催いたします。
さらに、今年は電子書籍ストアBOOK☆WALKERでもフェアを実施。
BOOK☆WALKERでレビュアー大賞の課題図書を購入すると文芸作品に使用できる40%OFFクーポンがプレゼントされます。

 




〈第5回 読書メーター×ダ・ヴィンチ レビュアー大賞〉
【開催日時】
課題図書告知期間:2020年9月21日(月・祝)12:00~10月14日(水)
エントリー募集期間:2020年10月15日(木)12:00~11月15日(日)23:59
投票期間:2020年11月23日(月・祝)12:00〜12月6日(日)23:59
最終結果発表日:2020年12月16日(水)

【URL】https://bookmeter.com/reviewer_awards/2020
【参加費】無料 ※参加には「読書メーター」の会員登録(無料)が必要です。
【実施場所】コンテストへの応募は読書メーター特設サイト上で承ります。

【課題図書】
『烏に単は似合わない』(阿部智里/文藝春秋)
『七つの試練 池袋ウエストゲートパークXIV』(石田衣良/文藝春秋)
『木曜日にはココアを』(青山美智子/宝島社)
『僕が僕をやめる日』(松村涼哉/KADOKAWA)
『浅田家!』(中野量太/徳間書店)
『i』(西加奈子/ポプラ社)
『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』(汐見夏衛/スターツ出版)
『威風堂々惡女 』(白洲梓/集英社)

【主催・協力】
主催:ダ・ヴィンチ編集部、読書メーター運営事務局

◆第5回 レビュアー大賞 課題図書フェア
【開催日時】
2020年10月中旬~ 2020年11月中旬
【展開書店】
全国の対象書店にて展開予定

◆第5回 レビュアー大賞 課題図書フェア BOOK☆WALKER
【URL】https://bookwalker.jp/select/514/
【開催日時】
2020年9月21日(月・祝)〜10月14日(水)
【概要】
電⼦書籍ストア BOOK☆WALKERにて、課題図書を購⼊すると文芸作品に使用できる40%OFFクーポンがプレゼントされるフェアを実施
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社トリスタ >
  3. 読書メーター×ダ・ヴィンチ 第5回 レビュアー大賞 開催!課題図書発表