たばこスティックとリキッドを組み合わせた革新的な新しいテクノロジーを搭載した『lil HYBRID(リル ハイブリッド)』デバイスを10/26より宮城県・福岡県にて販売開始

フィリップ モリス ジャパン合同会社(本社:東京都千代田区、社長:シェリー・ゴー、以下PMJ)は、2020年1月に締結・発表されたフィリップ モリス インターナショナル(以下PMI)と韓国の大手たばこ企業KT&Gとのグローバルな協働に関する合意にともない、10月26日よりKT&G製の煙の出ない加熱式たばこ機器の販売を、宮城県ならびに福岡県で開始いたします。
『lil HYBRID(リル ハイブリッド™)』は、たばこスティックとリキッドを組み合わせた、まったく新しいテクノロジーを搭載しており、たばこスティックの吸いごたえとリキッドによるベイパーによって新たな満足感を提供する、KT&G製の煙の出ない加熱式たばこ機器です。

日本での販売が開始されるのは、『lil HYBRID(リルハイブリッド™)』デバイス(メーカー希望小売価格 6,980円(税込))、『lil HYBRID(リル ハイブリッド™)』リキッド カートリッジ(メーカー希望小売価格 60円(税込))、『MIIX (ミックス™)』たばこスティック3銘柄(『レギュラー』、『アイス』、『ミックス』各500円(税込))となります。いずれも韓国以外の国で世界初の発売となります。

これらの製品は宮城・福岡両県のIQOSストア、IQOSショップ(ヤマダ電機 一部店舗)、また11月9日より両県のIQOSコーナー(ドン・キホーテ 一部店舗)やコンビニエンスストアを含む一部たばこ取り扱い店舗、当社営業員等を通して販売開始いたします。

主な特徴は以下の通りです。
『lil HYBRID(リルハイブリッド™)』デバイスの特長:
  • オートスタート:たばこスティックをさしこむと自動的に加熱がスタート。クリーニング不要:クリーニング無し※1で楽しめる。※1:定期的なお手入れは不要。トラブルシューティングの場合のみ。
  •  ディスプレイ:使える回数やリキッド残量などを表示。
  • 連続使用:フル充電で20本、一度に3本まで連続使用可能。

PMJのマーケティング&コミュニケーションズ・ディレクターであるフィリップ・ルベルは、今回の発表に際し、以下のように述べています。

「我々は企業ビジョンである『煙のない社会』の実現に向け、紙巻たばこから加熱式たばこへの切替えはより良い選択であると長年にわたり提唱してまいりました。『lil HYBRID(リルハイブリッド™)』デバイスはオールインワンの煙の出ない(スモークフリー)加熱式たばこであり、我々の「煙の出ない」製品のポートフォリオを補完し、成人喫煙者に味、価格、技術の選択肢の幅をさらに広げることができると確信しています。また、火を使わず、煙も出ない、また紙巻たばこと比べて、有害性成分が大幅に低減されています※2。成人喫煙者の皆様がもしご自分にとって完璧な味わいを見つけていないのであれば、是非一度お試しいただきたいと思っております。福岡県や宮城県下のIQOSストアにおいてもガイド付きでご説明を実施いたしますので、お客様にとって最適な味わいを見つけていただくお手伝いもできます。この製品の発売によって、PMJの企業ビジョンである『煙のない社会』の実現に近づけることを願っております。」

※2:実験用標準紙巻たばこの煙と比較した場合における、種々の有害性成分(ニコチンは除く)の量の低減。
 
重要:lil HYBRIDにリスクがないわけではありません。

 

製品仕様(デバイス)
lil HYBRID(リルハイブリッド™)


​「lil HYBRID(リルハイブリッド™)」仕様

 


製品仕様(たばこスティック及びリキッドカートリッジ)
『MIIX(ミックス™)』たばこスティックは底がY字型中空アセテートチューブと呼ばれる形状で作られており、たばこのカスなどが残らない形となっております。


『MIIX(ミックス™)』たばこスティック仕様
 

 

※3: lil HYBRID リキッド カートリッジは、MIIXたばこスティック約1パック(20本)の目安

重要:
・『lil HYBRID』デバイスは、『lil HYBRID』リキッドカートリッジ、『MIIX』たばこスティックとの組み合わせのみで使用可能です。
・『MIIX』たばこスティックは従来のIQOSデバイス(IQOS 3 DUO及びそれ以前のモデル)では使用できません。


 lil HYBRID、リル ハイブリッド及び関連するロゴは、KT&G Corporationの商標であり、Philip Morris Products S.A.のライセンスに基づいて使用しています。

フィリップ モリス インターナショナル:煙のない社会を目指して

PMJは、PMIの日本における子会社です。日本で販売されるPMI製品のマーケティング・販売促進活動を行っています。PMJは1985年に日本で営業を開始して以来、着実に成長を遂げ、今日、全国に約1,900人の従業員を擁し、日本のたばこ市場で約34.5%のシェアを有する、加熱式たばこ市場を牽引する日本第2位のたばこ会社です(2019年末時点)。企業ビジョンである「煙のない社会」の実現に向けて、PMJ は紙巻たばこよりも「リスク低減の可能性のある製品」(RRP- Reduced-Risk Products下記定義参照)を主力に事業活動を加速しています。PMIは、「煙のない社会」の実現を目指し、今後もたばこ製品を使い続ける成人喫煙者にとって、公衆衛生の観点から社会全般と様々なステークホルダーにとって意義があり、科学的に立証された代替製品を提供すべく、紙巻たばこ全てを煙の出ない製品へと切替えることを目指し、たばこ業界においてトランスフォーメーション(変革)を推進しています。PMIは、FDA(米国食品医薬品局)が「曝露低減たばこ製品」として米国内での販売を許可したIQOS(プラットフォーム1)のデバイスとたばこスティックに関してライセンス契約を締結しているアルトリア・グループに出荷しています。FDAは、同製品について「曝露低減」のコミュニケーションを付して販売することは、公衆衛生を促進するために妥当であると判断しました。

PMIは、習慣性がありかつリスクフリーではないものの、紙巻たばこを喫煙し続けた場合と比較してより良い選択肢である煙の出ない新しい製品カテゴリーの構築や科学的実証を企業活動の主軸としています。多岐の専門分野にわたる世界有数の製品開発能力や設備、科学的実証能力を有する研究開発センターにより、PMIは、煙の出ない製品が成人喫煙者の好みや厳しい規制条件に合致することすることを目標としています。煙の出ない製品である IQOS 製品群には、加熱式たばこやニコチンを含むeベイパー製品があります。2020年9月30日現在、PMIの加熱式たばこ製品は、IQOS ブランドのもと、世界で61の市場における主要都市や全国で展開しており、約1,170万人の成人喫煙者が喫煙をやめ、PMIの煙の出ない製品へ切替えたと推定されています。PMIのウェブサイト(www.pmi.com)およびPMIサイエンス(www.pmiscience.com)をご覧ください。

RRP(Reduced-Risk Products:リスク低減の可能性のある製品)は、紙巻たばこの喫煙を継続した場合と比較して、同製品に切替えた成人喫煙者にとって害のリスクが少なくなるか、少なくなることが見込まれるか、又は少なくなる可能性のある製品を指すものとして私たちが使用している言葉です。私たちのもとには、開発、科学的評価、市販化といった異なる段階にある様々なRRPが存在します。私たちのRRPはたばこ葉を燃やさないので、発生させるエアロゾル(蒸気)に含まれる有害および有害性成分の量が紙巻たばこの煙に含まれる量と比較して、はるかに少なくなっています。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フィリップ モリス ジャパン合同会社 >
  3. たばこスティックとリキッドを組み合わせた革新的な新しいテクノロジーを搭載した『lil HYBRID(リル ハイブリッド)』デバイスを10/26より宮城県・福岡県にて販売開始