「未来の教室」実証事業 “Creative Hack for Local in 飯塚市・嘉麻市・桂川町”を実施

中高生がITの活用による地域の課題解決にチャレンジ

中高生向けのIT・プログラミング教育事業を手がけるライフイズテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:水野 雄介)は、社会変革を担うチェンジメイカーを育てる「未来の教室」の具現化に向け、福岡県飯塚市・嘉麻市・桂川町と連携して、地域の中学生・高校生を対象に「課題解決×IT・プログラミング」をテーマとした実践的な学びのプログラム“Creative Hack for Local in 飯塚市・嘉麻市・桂川町”を実施します。


本事業は、経済産業省の「「未来の教室」実証事業」(平成29年度補正予算「学びと社会の連携促進事業」)の一つとして実施するものです。地域の中高生がアプリ開発やWeb、映像制作、デザインを学び、地域の方へのヒアリングから実社会に基づいた課題を設定し、 課題解決のための企画として、学んだIT技術を活かしてウェブサイトや映像などの制作に実践的に取り組みます。

今回の取り組みは、実社会の課題に基づき実際にウェブサイトや映像を「創る」点が特徴です。アクティブラーニングの手法の一つとして注目を集めている「PBL」(Project-Based Learning:課題解決型学習)に、IT・プログラミングなどテクノロジーを生かしたものづくりの体験を加えることで、課題を解決する能力や創造力/クリエイティビティを育むライフイズテック独自の学習プログラム「CPBL」(Creative Project-Based Learning)の初の実践事例となります。
 
  • Creative Hack for Local in 飯塚市・嘉麻市・桂川町
日程:2018年12月〜2019年1月の土日 全4日程(土13:30〜18:00、日9:00〜17:00)
  1. 12月1日(土)、2日(日):基礎技術習得
  2. 12月8日(土)、9日(日):課題ヒアリング&企画
  3. 1月12日(土)、13日(日):開発集中
  4. 1月19日(土)、20日(日):開発仕上げ、最終発表
場所:飯塚市役所 2階 多目的ホール
対象:福岡県飯塚市、嘉麻市、桂川町に在住または在学の中学生・高校生 16名


  • 「未来の教室」実証事業について
2018年1月~6月に開催された経済産業省「「未来の教室」とEdTech研究会」での議論内容を踏まえた「未来の教室」の姿を具現化するための実証事業を行うものです。実証事業を通じて、成功例、または成功例に繋がる足掛かりを創出すると共に、開発/運営にあたっての課題を抽出し、解決の方向性を見出すことで将来的にそれらを全国普及/継続実施していくための道筋もつけることを目的としています。

ライフイズテックは、本年5月に募集を開始した第1回公募において、本事業の実施主体として採択されました。実証事業の詳細は、下記URLをご参照ください。

地域のチェンジメイカーを育成するエコシステムづくり
〜ITを使った中・高・大の一貫のCreative PBL〜

https://www.learning-innovation.go.jp/verify/detail/a0004


ライフイズテック株式会社について
ライフイズテックは、2011年よりこれまで延べ36,000人以上の中学生・高校生へIT・プログラミングを学ぶキャンプやスクールを実施してきました。また、プログラミングを通じて社会課題を解決できるアントレプレナーシップ力/起業家の育成プログラム「Be Startup」、女性向けプログラム「Code Girls」、教員向けサービス「TECH for TEACHERS」などさまざまな教育サービスを通じ、中学生・高校生の「創造する力」と「つくる技術」の習得を目指しています。2014年Google RISE Award、2016年EdTechXEurope グロース部門最優秀賞を受賞。
https://life-is-tech.com
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ライフイズテック株式会社 >
  3. 「未来の教室」実証事業 “Creative Hack for Local in 飯塚市・嘉麻市・桂川町”を実施