日本初、世界最高峰の障害物レース開催 Reebok Spartan Race(リーボック スパルタンレース)参加者5,109名が過酷な障害物に挑戦   

 エリート優勝タイムは男子35分34秒 / 女子43分21秒 

日時:2017年5月27日(土)9:00~16:00 会場:U.S Army Sagami General Depot(相模総合補給廠)


グローバルフィットネス ライフスタイルブランドのリーボック(所在地:東京都港区六本木一丁目9番10号)がメインスポンサーとしてサポートする世界最高峰の障害物レース「Reebok Spartan Race(リーボック スパルタンレース)」が2017年5月27日(土)に相模総合補給廠にて初めて開催されました。

「リーボック スパルタンレース」は、ランニングコース内に「ファンクショナルムーブメント」をベースにした動きや⾝体能⼒を高めるタフフィットネス要素を取り入れた障害物が配された「オブスタクル(障害物)レース」です。約7kmのコースに22個の障害物が配されています。レース当日は、前日の雨模様から一転、汗ばむほどの快晴のなか、約5,000人の出場者がレース会場に集結しました。タイムによる順位を競い合うエリートスプリントは、朝9時に男子250人が大きな歓声の中、一斉にスタートしました。スタート直後から待ち受ける障害物、張り巡らされた有刺鉄線の下を匍匐前進で進む「Barb Wire Craw(バーブワイヤークロール)」、約2mの壁を乗り越える「7ft Wall(7フットウォール)」、ロープを登り手を使って頭上のベルを鳴らす「Rope Climb(ロープクライム)」など数々の障害物を乗り越え、ゴールを目指しました。日本初の「リーボック スパルタンレース」エリートスプリントの男子1位となる優勝選手のタイムは35分34秒、女子の優勝選手のタイムは43分21秒で、驚異的な速さを見せつけました。エリートスプリントの部は、男女各上位3名に賞金とトロフィー、また男女共に10位以内の選手には、年1回開催される世界選手権「World Champion Ship(ワールドチャンピオンシップ)」のエントリー資格であるコインが授与されました。また、一般の参加者が数多く挑戦したスプリントオープンは、約4,500名がレースを走り、約88%の参加者が完走を果たしました。

次回の日本での「リーボック スパルタンレース」は、2017年10月21日(土)、10月22日(日)に「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト(神奈川県相模原市緑区若柳1634番地)」での開催を予定していま

【公式記録】
■レース参加者
エリート:293名
オープン:4,816名
合計:5,109名

■観客動員数:1,164名

■完走率
エリート:293名の内236名(約80%)
オープン:4,816名の内4,271名(約88.7%)
合計:5,109名の内4,507名(約88.2%)

■エリートスプリント優勝タイム
エリート男子1位:35分34秒
エリート女子1位:43分21秒

【大会概要】
大会名称:Reebok Spartan Race Japan -Tokyo Sprint-
主催:クロススポーツマーケティング株式会社
メインスポンサー:リーボック
スポンサー:ゼビオ株式会社、株式会社ティップネス、三菱ふそうトラック・バス株式会社
開催日:2017年5月27日(土)
エリートスプリント:男子の部9:00~/女子の部9:15~
スプリントオープン:午前の部:9:30~11:45/午後の部:12:00~15:15
開催場所:U.S. Army Sagami General Depot(相模総合補給廠)(〒252-0205 神奈川県小山市中央区小山)
開催レース:SPRINT(距離約7㎞、障害物22個)
大会HP:http://www.spartanrace.jp
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リーボック アディダスグループ >
  3. 日本初、世界最高峰の障害物レース開催 Reebok Spartan Race(リーボック スパルタンレース)参加者5,109名が過酷な障害物に挑戦