創業の地「銀座」に「価値創造拠点」となる 本社新社屋 「資生堂銀座ビル」オープン

~生産性向上を目的としたオフィス機能の集約と効率化~

資生堂は、2013年10月2日(水)に、地上10階・地下2階建ての本社社屋「資生堂銀座ビル」(所在地:東京都中央区銀座7-5-5)をオープンします。これは、本社旧社屋(1966年竣工)の建替えによるもので、新しい社屋は、オフィス機能を中心に、多目的ホール、商業スペースなどを有します。
また、このオープンにともない、生産性の向上を目的に都内に分散しているオフィス機能の集約と効率化を推進していきます。

【「資生堂銀座ビル」について】
資生堂は、「日本をオリジンとし、アジアを代表するグローバルプレイヤー」を目指し、新たな成長に向けたさまざまな取り組みを進めています。このなかで、資生堂の美意識の原点である創業の地「銀座」において、未来に向けた新たな価値の創造と、ブランド力の強化を推進すべく、「資生堂銀座ビル」を、クリエイティブ機能を有する部門を集約した「価値創造拠点」と位置づけます。
「資生堂銀座ビル」は、ワークプレイスとして6階から10階の5フロアを使用するほか、多目的ホール「資生堂花椿ホール」、肌に深い悩みを抱える方にメーキャップアドバイスを行う美容施設「資生堂ライフクオリティー ビューティーセンター」、フランス料理店「ロオジエ」及び外部テナントで構成します。
同ビルの基調となるデザインには、資生堂を象徴する「花椿」、「唐草模様」を採用しています。建物全体を覆うアルミシェードは、一つひとつが、「未来」へ向かい伸びゆく様をかたちにしたオリジナルデザインの「未来唐草」から構成され、並木通りにモダンな流麗さを与えます。
また、新社屋には、環境対応として、屋上緑化を行うとともに、環境性能の高い資材の使用や設備を導入し、旧社屋に対して約30%のCO2削減を図ります。(建築環境指標「CASBEE(キャスビー)」で最高のSランクを取得)

【オフィス機能の集約と効率化について】
「資生堂銀座ビル」のオープンにあたり、都内に分散しているオフィス機能(子会社含む)を3つの本社拠点(資生堂銀座ビル、汐留オフィス、汐留FSビル)に集約し、部門の再配置を行うとともに、一部の施設を閉鎖します。
「資生堂銀座ビル」には、宣伝制作部、企業文化部をはじめ、子会社「株式会社資生堂パーラー」(所在地:中央区銀座)などが2013年10月上旬より順次入居します。その後、近隣のビルに賃貸入居する2つの子会社を「汐留オフィス」に集約します。
さらに、2014年秋に、「資生堂五反田ビル」(所在地:品川区西五反田)を閉鎖し、ここに入居する「資生堂ビューティークリエーション研究センター」を含む複数の部門を汐留FSビル(所在地:港区東新橋)」に配置します。これら一連のオフィス再編は、2014年秋までの完了を目指し、都内の当社のオフィス面積を約10%削減するとともに、外部への賃貸収入を含めたオフィス賃料を改善します。オフィス関連総コストは、新社屋の建設及びオフィス再編にかかる投資及び費用のため一時的に膨らむものの、2015年度は2012年度並み、2016年度以降はコスト低減を見込みます。

 

▼プレスリリース詳細
http://group.shiseido.co.jp/releimg/2175-j.pdf?rt_pr=tr051

▼詳細・グループ企業情報サイト
http://group.shiseido.co.jp/index.html?rt_pr=tr051

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社資生堂 >
  3. 創業の地「銀座」に「価値創造拠点」となる 本社新社屋 「資生堂銀座ビル」オープン