シンガポールメディア最大手Singapore Press Holdings Ltdとの日本向けのヘルスケア関連不動産ファンド第二号案件をクローズ

写真:「かがやき平和通」

写真:「リーフィール西岡」

株式会社ブリッジ・シー・キャピタル(本社:東京都中央区、代表取締役社長:横田 大造、以下「当社」)は、Singapore Press Holdings Ltd(本社:シンガポール、CEO:Ng Yat Chung、以下「SPH」)と共同で設立した日本の病院・介護施設・メディカルセンター等のヘルスケア関連不動産向けのファンド第二号案件として、当社が組成しアセットマネージャーを務めるStraits Himawari TMK Two特定目的会社(以下「TMK」)を通じ、以下の2件のサービス付き高齢者向け住宅を8 月 12 日に取得したことをお知らせいたします。

 

物件名称 所在地 用途 居室数
かがやき平和通 札幌市白石区平和通四丁目北4番11号 サービス付高齢者向け住宅 75戸
リーフィール西岡 札幌市豊平区西岡四条13丁目22番25号 サービス付き高齢者向け住宅 86戸

 


2019年10月当社とSPHは共同で日本の病院・介護施設・メディカルセンター等のヘルスケア関連不動産に対し投資を行うファンドを設立・運営することに合意し、2020年3月にはStraits Himawari TMK One特定目的会社を通じて3件の有料老人ホーム及びサービス付き高齢者向け住宅を取得しております。今後もヘルスケア関連不動産の積み上げを行い、ファンド拡大を目指します。
当社代表取締役社長である横田をはじめその他役職員のヘルスケア分野への長年の投融資の経験から、当社ではESG不動産投資※1の観点を取り入れた投資として、病院・介護施設等ヘルスケア施設への投資を積極的に行なっております。今後はSPHとの共同ファンドを通じて当該分野への不動産投資をさらに加速していきます。

※1 ESG不動産投資:人口減少や少子高齢化等の喫緊の諸課題の解決に寄与する、環境・社会・企業統治に配慮した不動産投資
  • 当社概要
社名:株式会社ブリッジ・シー・キャピタル
URL:https://bridge-c.com/company/
本社:東京都中央区銀座2-16-11 片帆ビル3階
設立:2011年5月11日
代表取締役社長:横田 大造
資本金:1億円
事業内容:クラウドファンディング事業/アセットマネジメント事業/ヘルスケアファンド事業
免許:
・不産特定共同事業許可番号 東京都知事 第112号
・第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第2898号
・宅地建物取引業 東京都知事(1) 第100911号
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ブリッジ・シー・キャピタル >
  3. シンガポールメディア最大手Singapore Press Holdings Ltdとの日本向けのヘルスケア関連不動産ファンド第二号案件をクローズ