ラピュタロボティクス、日本ロジテム 横浜第一営業所にて「ラピュタPA-AMR」が稼働開始、従来比較約2倍のECピッキング処理が可能に

ロボティクスプラットフォームを提供するラピュタロボティクス株式会社(東京都江東区、代表取締役 CEO:モーハナラージャー・ガジャン、以下ラピュタロボティクス)は、日本ロジテム株式会社(東京都港区、代表取締役社長: 中西 弘毅、以下日本ロジテム)の横浜第一営業所に、自律走行型協働搬送ロボット「ラピュタPA-AMR(Autonomous Mobile Robot)」を納入いたしました。導入効果として、従来と比較し約2倍のECピッキング処理が可能となり、あわせて生産性も向上しました。今後も継続的な機能強化により、さらなる生産性の向上を達成する見込みです。

 

AMRと協働ピッキングをしている様子①AMRと協働ピッキングをしている様子①

 

 

AMRと協働ピッキングをしている様子②AMRと協働ピッキングをしている様子②

◾️背景と目的
日本ロジテムは、新型コロナウイルスによる消費行動の変容や逼迫する物流需要、労働人口の減少による人員不足などへの対策として、自動化ソリューションを活用した省人化・省力化の術を模索していました。しかしながら、高額で大規模な自動化ソリューションは、3PL事業として費用回収のリスクが高く導入することが難しい状況でした。そのような状況下、ラピュタロボティクスが提供するPA-AMRは、汎用性と柔軟性が高く3PLの事業特性にマッチしている点を評価頂き、導入を決定頂きました。


ラピュタPA-AMRは作業スタッフと協働でピッキングを行い、荷物の搬送の代行とピッキングルートの最適化を図ることで、生産性向上とピッキングスタッフの歩行時間削減を可能とする最新のロボティクスソリューションです。導入においては、事前に導入後のオペレーションフローについて検証を行い、スムーズな導入に至った点について評価いただけました。

また、今回PA-AMRを導入した倉庫では、すでに当社で連携実績のあるクラウドWMS「ロジザードZERO」(※)を活用していたことから、WMSインテグレーションのコスト及び時間を抑えてPA-AMRを導入出来ました。

(※) ロジザード株式会社の自社開発のクラウド倉庫管理システムです。BtoC物流からBtoB物流まで幅広い業態・商材を管理できる柔軟性があり、周辺システムとの豊富な連携実績、導入まで最短1か月のスピード感、365日電話対応のサポート体制を有しています。ロジザードZERO URL:https://www.logizard-zero.com/


■導入においてのポイント、新規取り組み
1. 店舗ピッキングとECピッキングの2本体制
・2本体制のうち、ECピッキングのみをロボットで対応
・店舗ピッキングはこれまで通りカートピッキングで対応


2. 特殊オリコンへの対応
・特殊サイズのオリコンを3つ載せられるよう、トレーを拡張改造
・1台で複数オーダーを同時対応可能とし、1回でより多くのピック作業ができるようにプログラムを変更

3. 様々な保管環境に対応
・ラック以外で商品を保管しているエリア(パレットで保管しているエリア)においても、ラピュタPA-AMRでの対応が可能

また、ラピュタPA-AMRの操作画面は、誰でも簡単で直感的に使用できるユニバーサルデザインを採用しています。新人スタッフや日本語が堪能ではない海外メンバーでも、30分でロボットの操作をマスターし、ベテランスタッフと同等の生産性を出すことが可能です。これにより企業の新人教育の手間を省き、より物流オペレーションに集中できる環境づくりに貢献しています。

今後もラピュタロボティクスと日本ロジテム社は、ラピュタPA-AMR を活用し、物流におけるさまざまな課題解決に向けて協業してまいります。

◾️日本ロジテム株式会社 第四営業部 横浜第一営業所 佐藤センター課長、小林様
導入した得意先の業務においては、製品保管場所の決定等、一定の作業スキルが必要なため、ピッキングロボットが効率良く動作するのか、また、作業スタッフとロボットがうまく協働できるかという不案要素がありました。しかし、導入後は作業者が初心者であってもロボットが効率良いピッキング順を誘導してくれるので、スキルに関係なく生産性の高いピッキング作業が可能になりました。

さらに、導入前後の手厚いサポートにより、オペレーションの切り替えもスムーズに実施できました。
今後は、各種設定の微調整や、システムのバージョンアップなどのカスタマーサポートにより、更なる生産性向上を達成することでカスタマーサクセスを実感できると考えています。今回は業務の一部であるECピッキングへの導入でしたが、その効果をみて店舗ピッキング業務への導入も検討しています。
また、今回AMRやWMSなどの物流システムの仕組みや導入効果についての理解度が上がったので、他の現場でも生産性向上に向けて導入を検討していきたいと考えています。

 


 ◾️日本ロジテム社について
所在地: 東京都港区新橋5-11-3 新橋住友ビル
代表者: 代表取締役社長 中西 弘毅
事業内容:発注から出庫、出荷における処理・管理・計画をサポートする情報システムの構築。 物流に関わる様々な付帯事業(オフィス移転・個人引越、施工関連、人材派遣・業務請負、輸出入業務)
URL: https://www.logitem.co.jp/

日本ロジテム株式会社は、付加価値の高い3PLサービスを提供している創業78年の総合物流企業です。食品・インテリア・アパレル・電子部品などを中心として、様々な企業の物流業務をサポートしており、近年では通販物流に対する取り組みも強化しています。
国内では、おもに首都圏、中部圏、近畿圏を事業エリアとして展開しており、中国・四国・九州圏にも関係会社の拠点を設けています。
海外では、1988年に進出した台湾を皮切りに、1994年には同業他社に先駆けてベトナムに進出するなど、東南アジア諸国への積極的な事業展開を図っており、現在は海外法人15社を擁するまでに成長しています。
また、先端技術を用いた物流機器の導入も積極的に進めており、業務の効率化・高精度化を実現するとともに、従業員の作業性や安全性を高め、より働きやすい職場環境の実現を目指しています。

■ラピュタロボティクスについて
ラピュタロボティクスは、アインシュタインをはじめ、数々の著名研究者を輩出しているチューリッヒ工科大学(ETH Zürich)発のベンチャー企業です。「ロボットを便利で身近に」(「Making robotics attainable and useful for anyone」)をビジョンに掲げ、世界でも最先端の制御技術および人工知能技術を活用した次世代クラウドロボティクス・プラットフォーム「rapyuta.io」の開発と、「rapyuta.io」を弊社自身で活用した、ロボットソリューションの開発・導入・運用支援を行っています。世界20ヵ国以上から結集した、高い開発技術力を誇る優秀なエンジニアとバイリンガルでロボティクスに精通した営業チーム、カスタマーサクセスチームのタッグにより、お客様に最適なソリューションをご提案します。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ラピュタロボティクス株式会社 >
  3. ラピュタロボティクス、日本ロジテム 横浜第一営業所にて「ラピュタPA-AMR」が稼働開始、従来比較約2倍のECピッキング処理が可能に