魚”との相性を追求して醸された“透明感”と“包容力”“魚”にあう「純米大吟醸 満寿泉 TORON」

四十八漁場にて2017年6月28日(水)より数量限定提供を開始

 株式会社エー・ピーカンパニー(本社:東京都港区、代表取締役社長:米山久)が運営する海鮮居酒屋「四十八漁場(全21店舗)」は、2017年6月28日(水)より、「“魚”にある日本酒」をテーマに醸造元、酒販店、ソムリエ、四十八漁場の四者が議論を重ね、論理を突き詰めて生まれた“魚”にあう日本酒「純米大吟醸 満寿泉 TORON~トロン~」の提供を開始致します。

■   「TORON~トロン~」の由来は「魚論~とろん~」にあり
“魚”にあう日本酒について、議論を重ね、論理を突き詰めた日本酒が四十八漁場の地酒に!

この度「四十八漁場」にて提供を開始する「純米大吟醸 満寿泉 TORON」は、立山連峰の雪解け水の恵みを受け、日本一小さな村・富山県舟橋村で栽培された「舟橋村産コシヒカリ」を掛米として使用し、麹米として「山田錦」で醸された日本酒となります。また、「魚にあう日本酒」をテーマに、蔵元である「桝田酒造」、酒販店、ソムリエの大越基裕氏、そして四十八漁場のスタッフによりお刺身との相性を追求して醸された、白ワインのような透明感とお刺身の味わいを優しく包み込む四十八漁場のみでお愉しみ頂ける限定950本の純米大吟醸になります。


また、本品のラベルには、様々な魚種の個性や旨味を醸造元である桝田酒造の「桝」が包み込むデザインを採用することで、 「純米大吟醸 満寿泉 TORON」の味だけでなく、ラベルからも個性異なる様々な魚種とのマリアージュをお愉しみ頂くことが出来ます。
 毎日全国各地の漁師より届く「今朝獲れ」、「神経〆」など漁師のひとてまが施された鮮魚が盛られた「漁師の刺し盛り」に集う様々な魚種の個性や味わいを優しく包み込む「純米大吟醸 満寿泉 TORON」と共にお愉しみください。


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エー・ピーカンパニー >
  3. 魚”との相性を追求して醸された“透明感”と“包容力”“魚”にあう「純米大吟醸 満寿泉 TORON」