【日本橋高島屋】重要文化財のデパートに、建築家・村野藤吾デザインのピクトグラムが復刻。


1933年、建築家・高橋貞太郎が設計した日本橋高島屋は、1952年以降、村野藤吾による4度に亘る増築を経て、2009年、百貨店建築として初めて国の重要文化財に指定されます。 

村野による増築を機に作られた化粧室は、中間階に設置されています。当時は化粧室が「ご不浄」と考えられており、「化粧室をご利用されるお客様」と「売場をご利用されるお客様」の目線が合わないように配慮したため、と言われています(諸説あります)。

 
この度、日本橋高島屋S.C. 本館は、化粧室の全面改装に着手いたしました。
店内にある化粧室を約3割増設すると共に、バリアフリーの化粧室を倍増、またどなたでもお使いいただける「多機能トイレ」を新設してまいります。

一方、中間階にある化粧室は、「昭和の百貨店建築の名残」として現状の場所を維持すると共に改装を始めております。

今後、すべての化粧室の入口には、70年前に村野藤吾がデザインした「お手洗い」と記載された看板と「ピクトグラム」を復刻。ノスタルジックな香りと現代の生活にマッチした機能が共存する設備としてリフレッシュしてまいります。

村野藤吾がデザインした看板とピクトグラムを復刻村野藤吾がデザインした看板とピクトグラムを復刻



■日本橋高島屋の重要文化財について(リリース)
https://www.takashimaya.co.jp/base/corp/info/topics/pdf/200904/090417.pdf
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社髙島屋 >
  3. 【日本橋高島屋】重要文化財のデパートに、建築家・村野藤吾デザインのピクトグラムが復刻。