寺田倉庫、ワインマーケットサイト「TERRDA WINE MARKET」にて2018年ヴィンテージボルドープリムールの取り扱いを開始

~購入からストレージ保管、管理までをワンストップ提供~

寺⽥倉庫(東京都品川区 代表取締役:寺田 航平)は、ワインマーケットサイト「TERRADA WINE MARKET」にて、2018年ヴィンテージボルドープリムールの特別販売を開始いたしました。
特設サイト:https://store.terradawinemarket.com/campaign/primeur

TERRADA WINE MARKETは厳選されたインポーター、酒販店のみが出店するマーケットサイトです。このたび、日本におけるプリムール販売のパイオニアである株式会社徳岡、フランスの老舗ワイン商であるルグラン社の協力により、国内では希少なボルドープリムールの特別販売企画が実現しました。プリムールとは樽熟成途中のワインを予約購入できる、ボルドー地方特有の販売方法です(※)。ワインは通常、生産者からインポーター、卸業者、小売店など複数の流通経路をたどりますが、プリムールはシャトーから消費者まで最短ルートで届けることができるため、最高のコンディションを保持したままのワイン購入が可能です。

2018年はグレートヴィンテージとも言われており、収穫量も少ないことから市場販売される時期には希少価値が期待されます。なお、購入したプリムールワインはオプションとして、月額1本90円からワイン保管ができるオンラインサービス「TERRADA WINE STORAGE」にそのまま預けることも可能です。寺田倉庫は今後も、購入から保管、管理までワンストップ対応することで、ユーザーにとってより充実したワインライフを提案します。
(※)ワインはブドウの収穫から圧搾・発酵を経て、木樽で長期間熟成されたものが瓶詰めされ、一般的に収穫から3年後の春~夏頃に出荷されます。

※2018年プリムール試飲会の様子※2018年プリムール試飲会の様子


【2018年ヴィンテージの特徴】
収穫量は少ないが、とても完熟したグレート・ヴィンテージ。冬から初夏にかけてとても降雨量が多く、初夏には気温も上がりその結果大量のミルデュ(かび)が発生し、多くのぶどうの実を失うことになりました。しかし、夏の終わりから収穫期にかけては、高温で乾燥した気候が続き、房が少なく、実が小さく、色の濃い、健全で、極めて品質の高いぶどうが実りました。メルロもかなり高い品質ながら、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フランは文句のない素晴らしい品質のぶどうになりました。十分に力強さがあり、バランスのとれたヴィンテージです。

[ご参考:ボルドープリムールについて]
プリムール “Primeur” とは、フランス語で「新酒」を意味し、秋に収穫された葡萄で造られたワインは、その2~3年後(2018年ヴィンテージの場合は2021年以降)に出荷されます。「ボルドープリムール」はこの将来瓶詰されるワインの予約販売のことを指し、市場に出回る際にリリースされる価格より有利な価格で購入できること、また、人気の高いワインが安定的に購入できることがメリットです。元々、ボルドーの生産者たちが資金を早期に手に入れるために始めたプリムールは、現在では毎年、春にフランスのボルドー中を賑わせる伝統的なイベントになっています。
 


【株式会社徳岡について】
明治7年(1874年)創業。1980年代初頭よりヨーロッパワインの輸入を手掛け、ワイン愛好家に、ワインからはじまる食文化を発信しつづけている国内有数のボルドーワイン取り扱い企業。

 

【ルグラン社 / Legrand & Co.について】
Legrand & Associes(ネゴシアン)、Legrand Filles & Fils(ワインショップ)、Vins Rares Peter Thustrup(ブローカー)を傘下に有し、フランスを中心に370の生産者と直接取引がある1880年創業のパリの老舗ワイン商。



【TERRADA WINE MARKET概要】 URL: https://store.terradawinemarket.com
■厳選されたインポーターと酒販店のみが出店
寺田倉庫が厳選するインポーター・酒販店のみが出店する本マーケットには、初心者でも購入しやすい1本3,000円程度のワインからコレクター垂涎のオールドヴィンテージワインまで、幅広い価格帯で商品を取り揃えています。
■「味わい検索機能」で自分好みのワインを探しやすく
味わいを表す「酸味」「甘味」「ボディ」と、ワインに特化した3軸から商品を検索できるので、より効率的に自分好みの一本を探すことができます。
■購入から保管までワンストップで対応
購入ワインはTERRADA WINE STORAGEにそのまま預け入れできるので、保管スペースや保管環境に悩むことなくワインショッピングを楽しめます。

【TERRADA WINE STORAGE概要】 URL:https://terradawinestorage.com
■月額90円で預けられる手軽さ
月額保管料金90円(税抜)/本(750ml)でワインを管理。手軽に預け入れができ、特別な記念日やお子様の誕生年ワインなど、大切な一本のための長期熟成にも最適です。ワインの熟成に適した温湿度(14±1℃/70±10%)、安心のセキュリティ(24時間監視システム、耐震対火構造)と安定した保管環境を提供します。
■預けるだけでワインノートが完成
預けたワインは撮影、ワイン詳細データ(ワイン名、ヴィンテージ、生産者、種類(赤、白など)、生産国、地域、ボトルサイズ)登録が行われ、マイページ上に自分だけのワインノートが生成されます。飲み頃アラーム設定や、ワインのサーチエンジン「ワインサーチャー」とリンクした最新の相場価格表示といった機能もあり、資産管理のツールとしても有用です。
■当日配送も対応可能
入出庫はマイページ上で簡単に、お好きな場所への配送設定ができます。ご要望に応じて、最短当日14:00までのご依頼で17:00~19:00の配送(上限6本)が可能です。
- 通常(最短翌日配送):1本:1,500円/箱、2~6本:1,800円/箱(750ml)、1本:1,800円(1,500ml)
- 当日配送:1配送につき15,000円(税抜) ※東京都内8区、神奈川県一部のみ対応


【寺田倉庫について】
1950年創業の寺田倉庫は、保管するものの本質を学び、極めて最適な条件で保存するために、積極的な設備投資を行っています。また、従来の倉庫業の枠組みを超え、保管だけに留まらず、お預かりしたものの価値を高めて後世に引き継ぐための保存や修復、及び空間活用のノウハウを活かして文化発信の拠点となる事業を積極的に進めています。とりわけ1970年代より開始したワインセラー事業は、保管環境の世界標準とされる「温度14℃±1℃、湿度70%±10%」の温湿度設定において業界内で高い評価を得ております。首都圏4拠点(品川・天王洲、世田谷代田、二子玉川、都筑新石川)で展開するセラーでは醸造所の地下セラー並みの空間を提供するほか、「TERRADA WINE STORAGE」、「TERRADA WINE MARKET」といったオンラインサービス、専属ソムリエによるワインコレクション形成サポートなど、幅広いサービスの展開しております。

社    名:寺田倉庫(Warehouse TERRADA)
代 表 者:代表取締役 寺田 航平
所 在 地:〒140-0002 東京都品川区東品川2-6-10
設    立:1950年10月
U  R  L:http://www.terrada.co.jp/ja/


【サービスに関するお問い合わせ先】
寺田倉庫 プレミアムストレージグループ
E-MAIL :info_premium@terrada.co.jp
U  R  L:https://store.terradawinemarket.com 
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 寺田倉庫 >
  3. 寺田倉庫、ワインマーケットサイト「TERRDA WINE MARKET」にて2018年ヴィンテージボルドープリムールの取り扱いを開始