アクセンチュア、創造的破壊の波を乗り超え、成長を描くための戦略を解説した書籍『Pivot to the Future』の日本語版を出版

【東京発:2019年10月2日】
アクセンチュア株式会社(東京都港区、代表取締役社長: 江川 昌史、以下アクセンチュア)は、創造的破壊が進行する世界において、その力を活用して成長を描くための戦略を解説した書籍『Pivot to the Future』 の日本語版(邦題:ピボット・ストラテジー: 未来をつくる経営軸の定め方、動かし方、出版元:東洋経済新報社)を、全国の書店で販売を開始したことを発表します。

本書は、アクセンチュアが30の業界にわたる数千社の企業を対象に、数年間かけて実施した綿密な調査ならびに多様な事例と、アクセンチュア自身が事業の再構築を行う際に経験した知見に基づき描かれています。また、人工知能、拡張現実、5G、量子コンピューティングなどの新たなテクノロジーの出現により、企業は新たな戦略を用いて、自らを刷新し続ける必要性が生じているなか、これまで誰も手を付けていない新しい収益源や、市場の非効率性が原因で「封印された」状態になっている「潜在的収益価値」を、いかに見出して成長に結びつけていくかなど、新しい実践的なアプローチを解説しています。

本書は、アクセンチュアの通信・メディア・ハイテク事業のグループ・チーフ・エグゼクティブであり、前最高戦略責任者(CSO)でもあるオマール・アボッシュ(Omar Abbosh)、ソート・リーダーシップのグローバル・マネジング・ディレクターであるポール・ヌーンズ(Paul Nunes)、アクセンチュア・リサーチのシニア・フェローで、ベストセラーとなった『ビッグバン・イノベーション』の執筆者でもあるラリー・ダウンズ(Larry Downes)の共著です。
 

ピボット・ストラテジー:未来をつくる経営軸の定め方、動かし方、出版元:東洋経済新報社ピボット・ストラテジー:未来をつくる経営軸の定め方、動かし方、出版元:東洋経済新報社

 


アボッシュは次のように述べています。「昨今の急速なテクノロジーの進化により、あらゆる企業のリーダーは、日進月歩で進化を続けるテクノロジーや新規市場への適応方法について、長年培った経験を見直さざるを得ない状況に直面しています。本書では、アクセンチュアのみならず、大きな成功を手にしている企業が実際に採用した、継続的なイノベーションを生み出す成長戦略を解説しています。 これらの戦略は、テクノロジーがもたらす創造的破壊によって変化する世界において、継続的な成長を求める多くの企業の参考となるでしょう」

書籍『Pivot to the Future』は、主要な企業の幹部からも称賛を得ています。ベスト・バイ会長のヒューバート・ジョリー(Hubert Joly)氏は次のように述べています。「あらゆる企業が自らを変革しようと模索しています。『Pivot to the Future』は、こうした取り組みに役立つ、非常に説得力の高いフレームワーク、アイデアや事例を提供しています。変革の過程で支援を求めるあらゆる人にとって、必読の書です」

デルテクノロジーズの会長兼CEOであるマイケル・デル(Michael Dell)氏は次のように述べています。「オマール・アボッシュ氏と彼の共著者は『Pivot to the Future』において、優れたイノベーションとは進化と変化に対応する継続的なピボットを必要とする、長期的な取り組みであることを主張しています。本書は企業のリーダーに大きな活力を与えると同時に、経営に対する能力を高め、そして彼らが変革を継続させて、未来への準備を支援するものです」

賢明なピボット
『Pivot to the Future』に掲載された100を超える事例では、世界有数の企業が、本書で「Wise Pivot(賢明なピボット)」と表現される行動を通じて、いかに自らを変革しているかが示されています。賢明なピボットとは、過去、現在、未来の事業のバランスを修正し、絶えず進化する戦略を採用することを意味しています。本書では、新しいテクノロジーを活用して古い中核事業を新しい中核事業へと継続的に成長させ、最大の価値を引き出す方法を解説しています。

アクセンチュア自身の経験に基づく内容
アクセンチュアは5年間で、時価総額をほぼ2倍の1,000億米ドル以上にまで拡大しています。アクセンチュアでは2010年代初めに、従来型のコンサルティングサービスとアウトソーシングサービスがコモディティ化することを認識しました。これを受けてアクセンチュアでは、お客様により高い付加価値をもたらし、自社も成長させる可能性が高い領域をデジタル関連事業であると定義し、5つの関連サービスであるインタラクティブ、モバイル、アナリティクス、クラウド、サイバーセキュリティに多大な投資を行うことで、賢明なピボットを実現しました。

アクセンチュアについて
アクセンチュアは「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供する世界最大級の総合コンサルティング企業です。世界最大の規模を誇るデリバリーネットワークに裏打ちされた、40を超す業界とあらゆる業務に対応可能な豊富な経験と専門スキルなどの強みを生かし、ビジネスとテクノロジーを融合させて、お客様のハイパフォーマンス実現と、持続可能な価値創出を支援しています。世界120カ国以上のお客様にサービスを提供する49万2,000人の社員が、イノベーションの創出と世界中の人々のより豊かな生活の実現に取り組んでいます。アクセンチュアの詳細はwww.accenture.comを、アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jpをご覧ください。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アクセンチュア株式会社 >
  3. アクセンチュア、創造的破壊の波を乗り超え、成長を描くための戦略を解説した書籍『Pivot to the Future』の日本語版を出版