『働き方・休み方改革、ダイバーシティ推進』に関するJATA会長表彰にて「ダイバーシティ推進部門」大賞受賞

 株式会社JTB(東京都品川区、代表取締役社長:髙橋広行、以下JTB)は、一般社団法人 日本旅行業協会(JATA)主催による「働き方・休み方改革、ダイバーシティ推進」に関するJATA会長表彰にて「ダイバーシティ推進部門」大賞を受賞しました。
 JTBグループは、市場のグローバル化と多様化に対応すべく、さまざまな価値観や働き方を取り入れ、企業価値を高める「経営戦略」として、ダイバーシティに取り組んでいます。そして、社員一人ひとりが最大限の能力を発揮できるように、日々働きやすい環境整備に向けて工夫をおこなっております。

 現在、JTBグループでは、多くの聴覚障がいのある社員が活躍しており、日常のコミュニケーション手法として、2016年からUDトークの法人向けプランを導入しています。JTBの全個所・部門で使用できる体制を整備し、お客様、関係機関、共に働く社員との円滑なコミュニケーションをはかっています。

 この度の大賞は、積極的にUDトークを活用したJTB法人事業本部企画開発プロデュースセンターが受賞しました。

*UDトークとは:スマートフォン・タブレット端末を用いて、会話・声をリアルタイムに文字化し、読み取ることができるアプリです。聴覚障がい者との、より密で、円滑なコミュニケーションに役立ちます。またQRコードをカメラで読み取り、端末を介した会話・筆談でのやり取りや、多言語翻訳機能で英語等への翻訳、音声読み上げも可能です。

≪音声認識ソフトによる主な活用事例及び効果≫
◇活用事例
  1. 朝礼や会議、研修等においての音声の見える化や、不在者への議事録共有
  2. 聴覚障がいのある社員の法人営業セールス時における打ち合わせでの活用
  3. 『誰でもいつでも』をコンセプトに、独自マニュアルを作成しグループ各社へ展開※聴覚障がいのある社員が自らの活用体験をもとに作成

 

※聴覚障がいのある社員が自らの活用体験をもとに作成※聴覚障がいのある社員が自らの活用体験をもとに作成


◇効果
  1. 聴覚障がいのある社員とその周囲で働く社員との相互理解
  2. 聴覚障がいのある社員のモチベーション向上
  3. 研修における学習効果の向上と参加の拡大
 場所・利用者を問わず音声の可視化を行うことで、取引先にも評価されると同時に、聴覚障がいのある社員の積極的な発言が可能となり、モチベーション向上へとつながっています。

 JTBグループは、社員の多様な能力を最大限に発揮させ、真にイノべーティブな会社へと進化させるため、引き続き全社員一体となってダイバーシティを推進して参ります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社JTB >
  3. 『働き方・休み方改革、ダイバーシティ推進』に関するJATA会長表彰にて「ダイバーシティ推進部門」大賞受賞