「第65回 全国小・中学校作文コンクール」(主催:読売新聞社)イーブックジャパン賞が決定!! ネットで話題の『夢の跡』も電子化

 

国内最大級の電子書籍販売サイト「eBookJapan」」(http://www.ebookjapan.jp/ebj/)を運営する、株式会社イーブックイニシアティブジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小出斉(こいでひとし)、以下eBookJapan)は、昨年から同コンクール協賛会社として参加し、小学校低学年の部、小学校高学年の部、中学校の部の3部門にイーブックジャパン賞を開設しております。12月5日、第65回 全国小・中学校作文コンクール(読売新聞社主催)の表彰式が行われ、イーブックジャパン賞受賞者3名が発表されました。

 

株式会社イーブックイニシアティブジャパン 取締役 鈴木から表彰状を贈呈される竹市さん

 

受賞者には、文部科学大臣賞、JR賞受賞者とともに、賞状と記念品が贈呈されました。さらに表彰式に来賓として列席された高円宮妃殿下は、「その時書ける文章というものがあるので、その時々の自分の文章を収めていくのはとても大事なことだと思いました。将来の自分へのメッセージですね。ぜひ続けてほしいと思います」とお祝いの言葉を述べられました。

また、衝撃的な内容がネットで話題となっている文部科学大臣賞受賞作『夢の跡』の作者、高田愛弓さんは「思いの丈を全て原稿用紙にぶつけました。多くの人の悲しみや歪曲された事実が、「表現の自由」という特権を得て理解されるようまとめられたことに本当に感謝しています」と感謝の言葉を述べました。
 

今回のイーブックジャパン賞の受賞者は下記の通りです。(敬称略)

◆小学校低学年の部 「ろう読がわたしにくれたもの」 栃木県・栃木第四小学校2年 齊藤綾香(さいとうあやか)


【作品の内容】
ろう読フェスティバルへの挑戦について、練習での苦労や大賞を受賞した時の喜びが臨場感たっぷりに伝わり、そこから自分が得たものの大切さについてもしっかりとまとめられています。





◆小学校高学年の部 「わらって、フェアハット」 ドイツ・ブリューザーベルグ小学校4年 マイヤー 七海(まいやーななみ)

 

【作品の内容】
作者のクラスに転校してきた、シリアで戦争を体験し心に傷を負った少年・フェアハットとの交流を通して、世界中が子供たちの笑顔でいっぱいになってほしいという平和への思いが切々と伝わってきます。




◆中学校の部 「心友マッチ」 京都府・東綾中学校2年 竹市琴音(たけいちことね)

 

【作品の内容】
中学校に入学したばかりの主人公が、初めて友人を作り、裏切りを経験して心からの友人を作るまでを描く創作物語です。キャラクター設定がしっかりとしているので登場人物が生き生きとしており、描写も丁寧なので物語にみるみる引き込まれていきます。




受賞作、および入賞作あわせて30作品は、『作文優秀作品集』として刊行し、都道府県段階の審査を通過して最終審査に残った作品をすべて収録した『最終選考作品集』と合わせて電子書籍として、2016年3月にリリースいたします。さらに、この電子書籍版は、オンデマンドの紙書籍としても入手可能です。

◆読売新聞特設ページ
http://info.yomiuri.co.jp/event/2015/05/post-614.php

◆eBookJapan特設ページ
http://www.ebookjapan.jp/ebj/special/sakubun2015.asp

eBookJapanは、新しい活字メディアである電子書籍の普及を通じて、今後も活字文化の振興に寄与したいと考えています。


■eBookJapanの主な特長
・世界最大級のマンガ作品数をはじめ、41万冊を超える “充実のラインナップ”
・購入した作品は複数端末(*)で楽しめ、My本棚は“背表紙表示”も可能
・手軽なブラウザでも、ダウンロード後はオフラインでも楽しめる “高画質リーダー”
*WindowsPC、Mac、iPad/iPhone/iPod touch、Androidに対応。

■株式会社イーブックイニシアティブジャパンについて
2000年に「SAVE TREES!」を合い言葉に創業した電子書籍業界の老舗です。2011年に東京証券取引所マザーズ市場に上場、2013年に東証一部へ市場変更。 (コード:3658 “365日ハッピー”)
コーポレートサイト: http://corp.ebookjapan.jp/
電子書籍販売サイト: eBookJapan (http://www.ebookjapan.jp/ebj/)

 

 

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. 株式会社イーブック イニシアティブ ジャパン
  3. 「第65回 全国小・中学校作文コンクール」(主催:読売新聞社)イーブックジャパン賞が決定!! ネットで話題の『夢の跡』も電子化