責任編集、武田 徹。テーマは「アカデミック・ジャーナリズム」。鋭く感じ、柔らかく考える『アステイオン95』、発売!

【特集】アカデミック・ジャーナリズム
東 浩紀/大治朋子 /下山 進 /渡辺一史 /小川さやか/武田 徹 /芹沢一也/山本昭宏/大内悟史/小林佑基/鈴木英生/田所昌幸/開沼 博

アステイオン95 公益財団法人サントリー文化財団・アステイオン編集委員会 編 定価1100円(本体1000円) CCCメディアハウスアステイオン95 公益財団法人サントリー文化財団・アステイオン編集委員会 編 定価1100円(本体1000円) CCCメディアハウス

【特集】アカデミック・ジャーナリズム
 かつて自在に相互乗り入れができたアカデミズムとジャーナリズムは、それぞれの発展とともに分化し、分断を深めてきた。両者を仲立ちしつつ刷新する「アカデミック・ジャーナリズム」を、激変する情報社会環境の中でいかに維持・発展させてゆくか。
東 浩紀/大治朋子 /下山 進 /渡辺一史 /小川さやか/武田 徹 /芹沢一也/山本昭宏/大内悟史/小林佑基/鈴木英生/田所昌幸/開沼 博

 <論考>手塚宏之/大塚 淳 /佐藤卓己

<写真で読む研究レポート>榎本泰子 /伊藤亜紗
 
<連載>張 競/五百旗頭 真
 


目次
■特集■
巻頭言・・・・・・武田 徹
数と独立――棲み分ける批評Ⅲ・・・・・・東 浩紀
「アカデミ・ジャーナリズム」の試み・・・・・・大治朋子
ポピュラー・サイエンスという方法・・・・・・下山 進
<鼎談>「専門知」を「臨床知」で乗り越える・・・・・・渡辺一史 +小川さやか+武田 徹
<対談>一人の読者から社会は変わる――ネット言論空間の可能性・・・・・・芹沢一也 +武田 徹
アカデミック・ジャーナリズムの「高度成長」――粕谷一希の「中公サロン」編集術・・・・・・本昭宏
<座談会>知のアリーナを支える――論壇記者座談会・・・・・・大内悟史 +小林佑基+鈴木英生+田所昌幸+武田 徹
「良き仲間」としてのアカデミック・ジャーナリズム・・・・・・開沼 博

■論考■
アメリカはゼロエミッションを実現できるか――二回梯子を外された日本人が知っておくべきこと・・・・・・手塚宏之

統計学と機械学習から見る「正当化」のあり方・・・・・・大塚 淳

「私」への懐疑に耐えた文明史家――我が師・野田宣雄を回想して・・・・・・佐藤卓己


■世界の思潮■
「民主主義本ブーム」を読み解く・・・・・・宇野重規

ベラルーシの二世代──アレクシエーヴィチとフィリペンコ・・・・・・奈倉有里

「無関心なエゴイズムというウイルス」との戦い・・・・・・山本芳久

■時評■
ファッションに見る日本的美意識・・・・・・高階秀爾

百十一年目の《われは海の子》――「唱歌」の現在地・・・・・・渡辺 裕

国立競技場の建築について・・・・・・藤森照信

G20デジタル課税合意の歴史的意義と今後の課題・・・・・・森信茂樹

「子守国家」への警戒、英国で「自由の日」を考える・・・・・・金成隆一

新型コロナの想い出・・・・・・奥本大三郎

土足の限界・・・・・・井上章一

生活文化を重要無形文化財に・・・・・・熊倉功夫


■連載企画「超えるのではなく辿る、二つの文化」■
学問との再契約・・・・・・宮野公樹

■写真で読む研究レポート■
「敦煌」が日本人のあこがれだった時代・・・・・・榎本泰子
隠された手を求めて・・・・・・伊藤亜紗

■連載■
夢を種蒔く人・厨川白村――左足切断そしてアメリカ留学(上)・・・・・・張 競

平成史――世界のなかの日本―国際衝撃・・・・・・五百旗頭 真

http://books.cccmh.co.jp/list/detail/2352/
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社CCCメディアハウス >
  3. 責任編集、武田 徹。テーマは「アカデミック・ジャーナリズム」。鋭く感じ、柔らかく考える『アステイオン95』、発売!