中小企業・小規模事業者の人材育成を支援「中小企業大学校 金沢キャンパス」-10月開催研修について-

中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)北陸本部では、中小企業大学校 金沢キャンパスとして、地域の中小企業・小規模事業者の抱える多様な経営課題に対応した研修を提供しており、2020年10月度においては2講座開催いたします。開催にあたり、受講者を募集いたします。

1.「新任管理者研修」                                    
研修期間:2020年10月6日(火曜)~2020年10月8日(木曜)【3日間】
対象者:新任管理者
定員:20名
受講料:32,000円(税込)
講座概要:管理者に求められる役割について理解し、必要となるマネジメントの知識・スキルを学び、自身のリーダーシップ(目標)を設定し、その実現に向けたアクションプランの策定に取り組みます。

2.「生産現場の問題発見講座」
研修期間:2020年10月12日(月曜)~2020年10月14日(水曜)【3日間】
対象者:管理者、新任管理者
定員:20名
受講料:32,000円(税込)
講座概要:生産現場のリーダーが理解しておきたいIE(Industrial Engineering)の実際の活用法を学び、生産現場の問題を的確に捉えて、効果的な改善策を立案し、改善に向けてチームを導く術を身につけます。また、研修のまとめとして自社の生産現場の問題の着眼に取り組み、習得したIE技法をどのように活用していくかを考えます。
 
  • 研修会場
中小機構北陸本部【中小企業大学校 金沢キャンパス】
(金沢市広岡3-1-1 金沢パークビル)
 
  • 申込方法
以下WEBページからの申込または研修チラシ裏面のFAX申込
「新任管理者研修」
https://www.smrj.go.jp/institute/kanazawa/training/sme/2020/favgos000000gy0i.html
「生産現場の問題発見講座」
https://www.smrj.go.jp/institute/kanazawa/training/sme/2020/favgos000000gy89.html
 
  • 新型コロナウイルス感染症予防対策について
金沢キャンパスでは、ご来校される方に安心してお過ごしいただくため、講師及びスタッフの常時マスク着用、定期的な換気及びドアノブ、スイッチ等の消毒、一定の間隔を空けた座席配置等、新型コロナウイルス感染症予防対策を実施しています。

 
<中小企業大学校金沢キャンパスについて>
「中小企業大学校金沢キャンパス」は、これまで、中小企業大学校という施設が設置されていなかった北陸地域において、中小企業大学校で培ってきたノウハウを活かし、質の高い研修を提供するため、令和元年度に中小企業基盤整備機構北陸本部に設置された人材育成支援機関です。金沢駅前という立地環境を活用し、中小企業・小規模事業者の経営者、管理者の皆様に利用していただきやすい場所で、中小企業大学校と同様の研修を提供していきます。

<独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)>
中小機構は、日本の中小企業政策の総合的かつ中核的な実施機関として、全国の中小企業・小規模事業者への支援をトータルで行う経済産業省所管の独立行政法人です。生産性向上や事業承継など様々な課題を抱える中小企業に対して、創業、販路開拓、海外展開、人材育成、事業引継ぎ、その他経営面での助言、情報提供、震災復興支援、共済制度及びファンドを通じた資金提供など多様な支援を実施しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 中小機構 >
  3. 中小企業・小規模事業者の人材育成を支援「中小企業大学校 金沢キャンパス」-10月開催研修について-