3/9(月)~11(水)、東北応援「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」実施

~お買物を通じて、岩手・宮城・福島県の子どもたちを支援~

2011年3月に東日本大震災が発生してからまもなく9年となります。
イオンは本年も、3月9日(月)~11日(水)、全国のグループ各社約2,100店舗において、東北応援「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」を実施します。
なお、九州地区の約250店舗では、2016年4月に発生した「平成28年熊本地震」で被災された方々への応援として、支援先に熊本県を加えたキャンペーンを実施します。また、中四国地区の約420店舗では、2018年7月の「平成30年7月豪雨」で被災された方々への応援として、支援先に広島・岡山・愛媛の3県を加えたキャンペーンを実施します。

「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」(※)は、2001年より、毎月11日の「イオン・デー」に実施している活動です。お客さまにお渡しする“黄色いレシート”を、応援したいと思うボランティア団体の名称と活動内容が書かれた店舗設置の箱に投函いただくと、レシート合計金額の1%相当の品物をイオンから各団体に贈呈するというものです。

2012年からは、東北復興支援活動の一環として、3月のキャンペーン期間を3日間に拡大し、同期間に投函いただいたレシート合計金額の1%を、被災した子どもたちの「くらし」と「学び」を応援する岩手・宮城・福島3県の育英基金に寄付しています。本キャンペーン等を通じて被災地に贈られた寄付金額は、累計約10億1,381万円にのぼります。

イオンは全国の皆さまと手をたずさえ、くらしに身近な小売業ならではの取り組みを通じて、東北の創生に向けてともに歩んでまいります。
 
■東北応援「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」
期間:2020年3月9日(月)~11日(水)
実施店舗:全国のグループ約2,100店舗
寄付先:
岩手県「いわての学び希望基金」
宮城県「東日本大震災みやぎこども育英募金」
福島県「東日本大震災ふくしまこども寄附金」
*九州地区の約250店舗については、上記寄付先と熊本県に贈呈します。
*中四国地区の約420店舗については、上記寄付先と広島・岡山・愛媛の3県に贈呈します。
 
(※)2001年から実施している「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」では、
2018年度までに、のべ約31万9,700団体へ、総額約37億5,375万円相当の品物を贈呈しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イオン株式会社 >
  3. 3/9(月)~11(水)、東北応援「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」実施