検索

カテゴリ

お問い合わせ

Facebook

Twitter

レコメンドサービス

 

北大研究グループが第二弾発表 「次亜塩素酸水」のウイルス不活化

株式会社あかりみらい
メディアのみなさま

先週のNITEの中間発表をめぐって誤報の嵐となっており、全国の次亜塩素酸水溶液の愛用者から不安の声があがっています。
また、本来新型コロナウイルス対策の切り札となるべきものが誤報と取材不足により普及しなくなることで、これから防げるはずの感染者が増加することになります。
この状況を危惧した北海道大学玉城名誉教授と北海道大学人獣共通感染症リサーチセンターが、NITEの中間報告対象と同じ条件下での第二弾の試験結果を発表しました。
次亜塩素酸水(PH5.5、40ppm)の新型コロナウイルスが30秒で不活化されたという発表です。

(株)あかりみらいの代表取締役越智文雄は、次亜塩素酸水溶液の普及と正しい使い方の啓発等を目的として、「次亜塩素酸水溶液普及促進会議」を設立しました。今回は、そのメンバーの一人である玉城先生の発表を掲載しています。
連絡先も、下にありますので直接お問合せください。
玉城先生はWHOに16年間奉職されており、いろいろなことに快活にお応えいただける方です。どうぞご取材ください。
Press Release (2020 年6 月1 日)
次亜塩素酸水(pH5.5、 有効塩素濃度40ppm・電気分解方式による)の新型コロナウイ
ルスに対する不活化に関する実証試験 -第二弾-

● 次亜塩素酸水(pH5.5、 有効塩素濃度40ppm)による新型コロナウイルスの不活化
このたび日本エコ・システムズ株式会社(代表取締役 川田勝大氏)の研究依頼により、 北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター(高田礼人教授)と協力し、 電気分解法による微酸性次亜塩素酸水(pH5.5、 有効塩素濃度40ppm)の新型コロナウイルスに対する不活化に関する実証実験を実施した。
協力者と共に、 次亜塩素酸水に関する実証実験第二弾として、 その成果を報告する。

● 次亜塩素酸水(pH5.5、 有効塩素濃度40ppm)は新型コロナウイルスを瞬時に不活化する
今回の実験条件は、 反応液におけるウイルス液とサンプル液の比率が1:19 以外は(前回は1:9)すべて同じである。 同じ条件で2 回実験を繰り返しその再現性を担保した。
2 回の実験において、 使用した次亜塩素酸水は前回同様30 秒、 1 分、 5 分、 10 分の反応時間でウイルス感染価を約5 桁減少させ、 実験で検出不可能なウイルス感染価以下まで不活化した。
コントロールに用いた普通の蒸留水においてはウイルスの不活化はまったく見られなかった。 (添付資料参照)。

● まとめ
 今回の実験で、 微酸性次亜塩素酸水(pH5.5、 有効塩素濃度40ppm)は前回の強酸性次亜塩素酸水に引き続き(つまり強酸性の次亜塩素酸水)、 新型コロナウイルスに対する強力な不活化効果があることが実証された。
 政府系の独立行政法人製品評価技術基盤機構「新型コロナウイルスに対する代替消毒方法の有効性評価に関する検討委員会」は2020 年5 月28 日、 中間報告を発表しその中で、 実証実験を担当した二つの研究所の実験結果に必ずしも一貫性がないことから、 引き続き検証試験を継続を担当した二つの研究所の実験結果に必ずしも一貫性がないことから、 引き続き検証試験を継続すべきであると結論付けている。
 消毒用アルコールなどがひっぱくしている現状において、 強酸性(pH2.7 未満)だけでなく微酸性(pH5.5)の次亜塩素酸水が新型コロナウイルスに対して有効と判断されたことの意義は非常に大きい。 すなわちアルコールの代替品ではない、 独立したより安全な消毒剤としての次亜塩素酸水の有効活用は新型コロナウイルス感染症予防対策に大きく寄与することが期待できる。
 
 次亜塩素酸水(強酸性pH2.7 未満および微酸性pH5.5)は、 比較的容易に入手可能な生成装置から吐水され、 食品や物品等の消毒の他に、 「手洗いに有効な資材としても推奨できます。 」

 私たちは新型コロナウイルス感染症の予防対策のために、 次亜塩素酸水の有効利用を引き続きより積極的に検討していく所存です。

●連絡先 玉城 英彦(たましろ ひでひこ)
北海道大学名誉教授
札幌市北区北17条西8丁目
(Mail. tamashiro@med.hokudai.ac.jp)

【次亜塩素酸水普及促進会議が6月11日記者会見を行いました。 】
日時:  6月11日(木) 11:00~12:00
会場: TKPガーデンシティPREMIAM丸の内パシフィックセンチュリープレイス 13階 ホール13A
      東京都千代田区丸の内1丁目11番1号
次第:
11:00  会見趣旨説明・アピール
          次亜塩素酸水溶液普及促進会議代表 越智文雄
11:05  三重大学大学院教授 福崎智司
次亜塩素酸水溶液の効能・空間噴霧の効果と安全性
11:15  北海道大学名誉教授 玉城英彦 (テレビ参加)
新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水溶液の有効性試験結果
11:25  東京工業大学特任教授 奈良林 直
大量空間噴霧の実際と可能性 海外採用例
11:30  各研究者への質疑応答
11:55  終了

福崎教授のコーナーは、 ホームページ上でより詳しい解説を動画にて紹介
→  https://jia-jp.net/index.html#home
玉城教授の動画も近日中にアップされる予定です。

【6月16日 文部科学省が有人空間に噴霧するケースを認めました。 】
→  https://jia-jp.net/index.html#home

 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社あかりみらい >
  3. 北大研究グループが第二弾発表 「次亜塩素酸水」のウイルス不活化
種類
調査レポート
ビジネスカテゴリ
マーケティング・リサーチ
この記事の詳細を見る