検索

カテゴリ

お問い合わせ

Facebook

Twitter

レコメンドサービス

 

新型コロナウイルスで、妊婦さんの不安が深刻に。「妊婦への情報が少なくて困る」「胎児への影響が知りたい」など…ママ&プレママ緊急アンケート実施! 新型コロナウイルスで困っている事は?

ベビカム株式会社(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役:安西正育)は、妊娠・出産・育児の情報サイト「ベビカム」において、新型コロナウイルス感染症に関する調査を行いました。

ベビカム株式会社 
新型コロナウイルス感染症の流行により、マスク不足や、デマ情報による紙類の買い占め、小中学校等の臨時休校など生活にさまざまな影響が出ている今、妊婦さんや子育て中のママたちはどう思っているのでしょう?ベビカムでは緊急アンケート※を実施しました。

※調査期間:2020年3月3日~5日 「新型コロナウイルスの流行で困っている事は?」ベビカム会員638人回答

調査内容は、自由記述で「新型コロナウイルス感染症発生以後、どんな事が困ったか」、「新型コロナウイルス感染症に関して、今後心配な事は何か」など。マスク不足やイベントの中止、外出ができないなどの意見がでる中、妊婦さんが情報の少なさに不安を抱えていることがわかりました。

■調査内容
◆新型コロナウイルス感染症の発生以後、 どんなことに困りましたか?

妊婦さんのコメント

・ニュースでもほとんど妊婦のことには触れられない。 胎児にどんな影響が出るかもわからないので外出が怖い。 主人がうつされるのも怖い

・妊娠中ということもあり、 インフルエンザの予防のためマスクを着用していましたが、 店頭になくなってしまい手持ちの分も少なくなり困っている

・母子感染のリスクがあるかよくわからず、 どの情報を信用していいか不安

・第二子出産のため入院中で、 本来なら第一子など面会可能だったのですが、 新型コロナ対策で夫と自分の実親以外は面会禁止になり、 面会時間も短縮されてしまった

・里帰り出産後、 1ヶ月で都内の夫のもとへ戻り、 夫に育休をもってもらう予定だった。 しかし収束の目処が立たないため、 里帰りが伸びる可能性があり、 夫の仕事の調整にも影響が出そう

・初産ですが、 両親学級やマタニティイベントがことごとく中止になってしまい、 学ぶ場が無くなってしまったこと


◆新型コロナウイルス発生に関して、 今後心配なことを教えてください。

妊婦さんのコメント

<母体や胎児、 赤ちゃんへの影響>
・妊婦なので、 重症化しやすいと聞くととても心配になる
・いつまでこの状況が続くのか、 もしも感染したら後遺症とかはないのか
・生まれてくる子供に対しての感染予防として何をするべきかわからないこと
・いつまで続くかも全くわからないことが不安。 また、 新型のため症例も少なく、 妊婦がかかるとどうなるか分からない点も心配
・今妊娠中なので自分にかかったら胎児に影響があるか心配

 <出産時のこと>
・立ち会い出産ができなくなるかもしれないので、 早く落ち着いて欲しいです
・里帰り出産なので無事に住んでいるところに戻れるかどうか。 旦那が出産時にこちらに来て無事に戻れるかどうかか心配
・産院がコロナの指定病院なので、 出産までには終息してほしい
・出産前後に病院が正常に機能してくれるのか

 <経済的なこと>
・これで日本経済が赤字になったら、 また税金とか取られて生活苦しくなるかなーとか考えてしまいます…2人の子供がいて、 妊娠中なので治療法もまだない未知のウイルスに対してどう対処していいのかどうしたら大丈夫なのかまだ何も分からないのが心配。 国もWHOも信じられない。
・いつ収束するのか。 経済的にもダメージが大きく、 会社としての利益も激減している。 今後、 個々の家庭にどれだけ影響してくるのか心配。 給料などに影響しないで欲しい。

 <外出時のこと>
・新生児を抱え、 健診などで必ず人混みへいかなければならない機会があるときの対応。
・罹患者が多い地域在住なので、 妊婦健診へ行くのも気掛かり

 <その他の生活のこと>
・早産のため要安静ですが、 幼稚園に預け続ける上の子の感染が心配。
・紙おむつやお尻拭き、 母乳パッドにアルコール消毒液等が必要になった時に普通に買えるようになるのか心配です。
・過剰な買い占めにより、 本当に必要としている人に物資が行き渡らないこと。

 
このように、 今回の調査では、 妊婦さんが妊娠中ならではの悩みや不安を抱えていることがわかりました。 妊娠中に罹患した場合の胎児への影響など情報があまりにも少ないこと、 里帰り出産や、 新生児を抱えての移動、 赤ちゃんのお世話グッズの買い占め問題など心配事はたくさんあるようです。 ベビカムでは、 今後も新型コロナウイルス感染症に関するママたちの困りごとに注目し、 解決策を見出せるよう調査していきます。
今回のアンケート結果の詳しい内容や、 妊婦さんやママたちに役立つ情報などは以下のベビカム内ページに掲載しています。
https://www.babycome.ne.jp/news/id/pregnancy-776/



 

今回のアンケートでは、 ママたちから600件以上の貴重な意見が集まっています。 具体的な意見の内容にご興味のあるメディア等の関係の方は、 直接以下のフォームからベビカムまでご連絡ください。

https://questant.jp/q/CYLVN9BC

■サイト情報
ベビカム( https://www.babycome.ne.jp

日本最大級の妊活、 妊娠・出産、 育児の総合情報サイト。 1998年開設。 コミュニティやブログサービスのほか、 最新の医療、 生活、 商品情報を提供。 妊娠・育児分野を中心とした大手企業からの協賛により運営しています。
また、 仕事と子育てを両立したい女性たちを支援するWorkSmart事業も展開。 2014年には、 WorkSmartと日本屈指の子育てサポートを行う大分県豊後高田市との取り組みが総務省に認められ、 地方創生に資する「地域情報化大賞」の奨励賞を受賞。 2018年には栃木市、 2019年には南房総市でもWorkSmart事業を展開しています。

ベビカム登録会員数:約35万人

■会社概要
ベビカム株式会社(2016年2月20日に、 株式会社デジタルブティックから社名変更)
インターネットの「コミュニティ」を活用して世の中に貢献するために1996年に設立。 年間延べ1000万人以上のママたちが訪れる日本最大級の育児コミュニティサイト「ベビカム」を1998年から運営し、 子育て中の女性の就業支援(WorkSmart)に関わる事業を行う。 また、 本田技研工業のコミュニティ企画・運営をはじめ、 数多くの企業に向けて、 コミュニティの企画コンサルティング、 制作、 マーケティング、 運営サービス等も提供する。

会社名: ベビカム株式会社
設立: 1996年2月20日
資本金: 1億3732.2万円
代表者: 代表取締役社長 安西正育
所在地: 東京都千代田区神田神保町3-3 神保町SF IIIビル 8階
ホームページ: https://company.babycome.jp

【本リリースに関するお問い合わせ先】
ベビカム株式会社 担当:山田妙子
TEL:03-5357-1857/FAX:03-5357-1858
E-Mail:prs@babycome.jp


参考/「ベビカム」新型コロナウイルスの流行で困っていることアンケート設問内容

Q1.あなたの性別を教えてください
Q2.あなたの年齢を教えてください
Q3.お住まいの都道府県を教えてください
Q4.あなたは現在妊娠中ですか?
Q5.では、 妊娠何ヶ月ですか?
Q6.では、 現在「妊活中」ですか?
Q7.あなたにお子さんは何人いらっしゃいますか?(あなたが現在妊娠中の場合、 おなかの赤ちゃんは含めずにお答えください)
Q8.第一子は何歳ですか?
Q9.一番末のお子さんは何歳ですか?
Q10.あなたは働いていますか? 雇用形態について教えてください
Q11.新型コロナウイルス発生以後、 お住まいの地域のスーパーマーケットに変化はありましたか?

Q12.「はい」と答えた方に質問します。 スーパーマーケットの変化はどんなものでしたか?

Q13.ご自身では新型コロナウィルス対策を何か、 していますか?

Q14.「はい」と答えた方に質問します。 ご自身で行っている、 新型コロナウィルス対策の具体的な方法を教えてください。
Q15.新型コロナウィルス発生以後、 どんなことが困りましたか?
Q16.新型コロナウイルス発生以後困ったことに対して、 解決策を講じましたか?
Q17.「はい」と答えた方に質問します。 どのような解決策ですか?具体的に教えてください。
Q18.「いいえ」と答えた方に質問します。 解決策を取れない理由はなぜですか?具体的に教えてください。
Q19.新型コロナウィルス発生への対応策としての、 学校の休みについて、 賛成ですか? 反対ですか?また、 その理由を教えてください。
Q20.今回の新型コロナウィルスの流行をきっかけに、 お仕事を辞めることを考えましたか?
Q21.新型コロナウィルス発生に関して、 今後心配なことを教えてください。

  1. プレスリリース >
  2. ベビカム株式会社  >
  3. 新型コロナウイルスで、妊婦さんの不安が深刻に。「妊婦への情報が少なくて困る」「胎児への影響が知りたい」など…ママ&プレママ緊急アンケート実施! 新型コロナウイルスで困っている事は?
種類
調査レポート
ビジネスカテゴリ
出産・育児
この記事の詳細を見る