検索

カテゴリ

お問い合わせ

Facebook

Twitter

レコメンドサービス

 

2020年度 児童ペン賞・大賞受賞!『万人の父になる 佐竹音次郎物語』

株式会社 学研ホールディングス
株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)発行の『万人の父になる 佐竹音次郎物語』(文/横山充男)が、2020年度児童ペン賞・大賞を受賞いたしました。
2020年9月6日、 2020年度児童ペン賞が発表され、 『万人の父になる 佐竹音次郎物語』(文/横山充男)が大賞作品に選ばれました。
今回、 受賞した作品は、 日本で初めて「保育園」という名の施設をつくった“保育の父”、 佐竹音次郎のノンフィクションです。 伝記の対象として新しい掘り起しに評価をいただき、 受賞の運びとなりました。
佐竹音次郎が存命中、 救い育てたこどもたちの数は、 5000人以上と言われています。 書籍では、 音次郎が試行錯誤する人生や、 夢に向かって歩みつづける姿が描かれています。 また、 音次郎を精神的にあるいは金銭的に支えたのは、 家族や、 板垣退助をはじめとする名士たちであり、 明治維新、 そして戦争へと向かっていく当時の日本を、 ある視点で読みとくこともできる1冊となっています。

 

 

☆佐竹音次郎…1864年(元治元年)生まれ。 高知県出身。 医師となり、 神奈川県に医院を開設。 やがて、 同院内にこどもたちを養育する保育院を開設。


■児童ペンクラブ賞につきまして■
日本児童ペンクラブが主催、 優れた児童文学作品を発掘、 顕彰し、 後世に残す助けとすることを目的としています。 出版後の流通状況や評判なども考慮し、 2、 3年以内に発行された童話、 少年文学、 少年詩集、 絵本などの単行本が対象となります。 「児童ペン賞・大賞」「児童ペン賞・童話賞」「児童ペン賞・詩集賞」「児童ペン賞・絵本賞」、 あるいは児童文学の優れた出版物を企画・出版したグループや出版社なども対象とし、 「児童ペン賞・企画賞」なども含まれています。 2020年度で第6回目となります。

■日本児童ペンクラブにつきまして■
1971年に大宅壮一氏、 川端康成氏を顧問とする有志によって結成され、 現在は教育者や詩人、 作家のほか、 こどもや児童文化に関心のある人々が参加。 こども雑誌の発行と小学校等への無料配布を軸に、 会員作品集の発行や全国規模の作文コンクールなどを主催、 共催しています。

[商品概要]
●『万人の父になる 佐竹音次郎物語』
文/横山充男 絵/槇えびし 解説/浅井春夫
定価:1500円+税
対象年齢:小学校高学年以上
仕様:A5ハードカバー、 176ページ
電子版:配信中
ISBN:978-4-05-205064-0
発行所:(株)学研プラス
学研出版サイト: https://hon.gakken.jp/book/1020506400


【本書のご購入はコチラ】
・Amazon  https://www.amazon.co.jp/dp/4052050649
・楽天ブックス  https://books.rakuten.co.jp/rb/15976811/
・セブンネット  https://7net.omni7.jp/detail/1107008432
[ 電子書籍 ]
・Kindle  https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B07ZCKZQ49/
・楽天Kobo  https://books.rakuten.co.jp/rk/b4771501df5a3e6a980d1c92d3188b92/
・honto  https://honto.jp/ebook/pd_29975705.html
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 学研ホールディングス >
  3. 2020年度 児童ペン賞・大賞受賞!『万人の父になる 佐竹音次郎物語』
種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
雑誌・本・出版物保育・幼児教育
キーワード
この記事の詳細を見る