男のエステ「ダンディハウス」はリチャード・ギアの話題作映画「ハンティング・パーティ」を応援します

男のエステ「ダンディハウス」は、
リチャード・ギアの新境地を開いた話題作!
~ 4月よりタイアップ広告を展開! ~
main image
株式会社シェイプアップハウス(代表取締役:下村朱美)が展開する男のエステ『ダンディハウス』では、5月10日㈯より全国公開されるリチャード・ギア主演映画「ハンティング・パーティ」に協賛いたします。4月から、本作とのタイアップ広告を展開し、リチャード・ギアのビジュアルがTV・雑誌等の各媒体に登場いたします。
『ダンディハウス』は、1986年に営業を開始した日本で最初の男性専用エステティックサロンです。20年以上の永きに渡りメンズエステNo.1ブランドの地位を維持し、全国で61店舗を展開しています。2005年には、イメージキャラクターとしてハリウッドスターのリチャード・ギアを起用しました。その知的な雰囲気や上品な立ち振る舞いなど、ブランドの理想として目指す男性像に好評が得られ、「男性も美しくあるべき」という考えをより広めることに成功いたしました。
ブランドの理想像であるリチャード・ギアの主演映画「ハンティング・パーティ」は、紛争終結後のボスニアで、スクープを求め戦争犯罪人を追う命知らずなジャーナリストを描いた社会派エンタテインメントです。彼が演じる主人公サイモンは、一度頂点に輝きながらも破滅し、ドン底から再起を賭ける伝説の戦場レポーター。恋愛映画の名手として知られる彼が、危険に突っ込んでいく“イカレた”ジャーナリストの情熱と複雑な内面を見事に演じて新境地を開いています。
『ダンディハウス』では、男性の心を感動と興奮で満たす映画「ハンティング・パーティ」のエンターテインメント性の高さと、リチャード・ギア演じる主人公の危険を恐れず真実を追い求める姿に賛同し、このたびの協賛に至りました。今後も、日本の男性を外見と内面からカッコよくすることをブランドの使命として、男性のための有意義な情報を発信してまいります。

映画『ハンティング・パーティ』
監督/脚本:リチャード・シェパード  
出演:リチャード・ギア 
テレンス・ハワード 
ジェシー・アイゼンバーグ
 ダイアン・クルーガー
5月10日㈯よりシャンテシネ、新宿武蔵野会館ほか全国ロードショー  
公式サイト http://www.huntingparty.jp/
【ストーリー】 激戦の紛争地帯で刺激的なテレビ・ニュース映像をゲットする戦場レポーターたち。命知らずのレポートで栄光の座にいたサイモン(リチャード・ギア)は、サラエボの虐殺で恋人を惨殺され、生放送で “ブチ切れた” 中継を送り、テレビ界から解雇。ドン底からの再起を賭け、彼が掴んだのは「民族浄化」という名の大虐殺の罪で500万ドルの賞金が懸った極悪戦争犯罪人、フォックスの居所だった。今は出世して危険な現場から遠ざかっている昔の相棒カメラマン/ダック(テレンス・ハワード)、副社長の親父のコネ入社した新米プロデューサー/ベン(ジェシー・アイゼンバーグ)を巻き込み、大スクープをものにするための危険な旅が始まった。しかし、イカれたサイモンの本音は、 “狐(フォックス)” を “生け捕る” ことだった。

本件に関するお問い合わせ先
■ 株式会社シェイプアップハウス 広報担当:平山・角
東京都港区赤坂6-6-3   TEL.03-3568-2389 FAX.03-3568-2517
  1. プレスリリース >
  2. 男のエステ ダンディハウス >
  3. 男のエステ「ダンディハウス」はリチャード・ギアの話題作映画「ハンティング・パーティ」を応援します