「文芸社出版文化振興基金」の新設ならびに「えほん大賞」の創設について

main image
平成23年1月20日

株式会社 文芸社

「文芸社出版文化振興基金」の新設ならびに「えほん大賞」の創設について

株式会社 文芸社(東京都新宿区 社長 瓜谷 綱延)は、日本語の表現力の向上及び出版文化の振興に貢献することを目的に文芸社出版文化振興基金を新設いたしました。
この基金の当初の基金規模は1億円を予定しており、文芸社の財産と区分管理することにより基金の運営の透明性・継続性を持たせるために、りそな銀行(社長 岩田直樹)と事業執行型金銭信託(名称:文芸社出版文化振興基金信託)の契約を締結いたしました。このような民間のみによる基金の財産管理として信託を活用するスキームは国内初の取組みです。

1.文芸社出版文化振興基金について
「文芸社出版文化振興基金」は、文芸社が今回新たに拠出する基金で、以下の事業を行うことにより、日本語の表現力の向上及び出版文化の振興に貢献することを目的としています。

<基金概要>
事業目的
(1)新設する賞の受賞者に対する賞金交付
(2)出版業界の文化振興に寄与する作品に対する出版費用の助成

所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-3-15

運営委員長
 中曽根弘文 参議院自由民主党議員会長  外務大臣、科学技術庁長官、文部大臣歴任
運営委員
 安藤哲也 NPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事 株式会社絵本ナビ顧問
 乙津宜男 株式会社紀伊國屋書店 元代表取締役社長
 西東桂子 教育ジャーナリスト 元朝日新聞社 月刊『幼稚園ママ』編集長
 曽根宏道 経済評論家、元㈱ダイヤモンド社取締役編集局長
 古内敏章 株式会社草思社 代表取締役社長
 (50音順)


2.新たな賞制度の創設について
文芸社では2011年2月にこの基金への拠出と合わせて、新たな賞制度を創設いたします。初回は日本語の美しさの再認識、及び日本語の表現力の向上を目的として「えほん大賞」を実施します。

<えほん大賞概要>
対象: 個性的な絵本を求めます。(テーマは問いません)
賞: 大賞・優秀賞・佳作・特別賞
※大賞作品には、賞金百万円および文芸社より書籍化
選考: 文芸社出版文化振興基金信託運営委員会にて審査
応募期間:2011年2月1日~2011年7月31日(当日消印有効)


<事業執行型金銭信託(名称:文芸社出版文化振興基金信託)の概要について>
本信託契約は、「文芸社出版文化振興基金」の趣意に基づき、委託者(文芸社)の指図に従った信託財産の管理および助成を行うことを目的とします。当初の基金規模は1億円を予定しており、信託機能を活用し委託者の財産と区分管理することで、同基金の運営に透明性・継続性を持たせます。このような民間のみによる基金の財産管理として信託を活用するスキームは、国内初の取組みとなります。
<スキーム図>







<本件に関するお問合せ先>
文芸社 広報部 伊藤  (本社)TEL:03-5369-3096
<事業執行型金銭信託に関するお問合せ先>
りそな銀行 (代表)TEL:03-6704-2111
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社文芸社 >
  3. 「文芸社出版文化振興基金」の新設ならびに「えほん大賞」の創設について