「婚活」、「恋活」、「朝活」はもう遅い・・・ “○活ブーム”がついにここまで! 次は、“親活(オヤカツ)”!?

main image
2011年、内定率が過去最低の「就職“超”氷河期」といわれる就職活動事情。
その最大の原因は、学生の「大手志向」だといわれています。そして、その大手志向を助長し、就職難民を生み出しているといえるのが「親」の存在。大人と関わることの少ない学生にとって、社会経験のある最も身近な“親からのアドバイス”が重要な情報源となっているのです。

⇒『就職難の今こそ、親の正しい知識によるアドバイスとサポートが必要! 親も就職活動に参加する“親活”時代の到来!!』


■“親活(オヤカツ)”とは!?
親×就職活動=“親活(オヤカツ)”
…学生だけでなく、親がサポートする就職活動のこと。 自身の子どもの就職活動への不安から、内定支援を行う就活塾に 親からの相談が増えていることを背景に、就活塾のひとつである「内定アカデミア」が発信した造語。


■背景
【就職“超”氷河期の到来】
・内定率は、前年比2.6%減の77.4%で、比較可能な過去12年で最低(厚生労働省、文部科学省調べ)
・2011年度の新入社員の内定者数は1.71社と過去4年で最低(明治安田生命調べ)
・2010年卒業した54万1千人のうち、8万7千人が「無業」(文部科学省調べ)
・2011年大卒の求人倍率は、0.47倍(厚生労働省調べ)
→1990年代半ばから2000年代半ばまで続いた「就職氷河期」を越える、「就職“超”氷河期」に突入
→2011年就職“超”氷河期といわれるなか、内定獲得の足を引っ張るバブル期を生きた親の「大手志向」

⇒『雇用状況への不安から、親の就職活動への関心が高まっている』


■“親活”の現状
《インタビュー: 内定アカデミア代表 山川雄志氏》

【雇用事情への不安によって、就活塾への親からの相談が急増】
4月末頃から、就活塾に“親”からの相談が増え始めたと実感。  
就活塾受講生の7割が、親からの働きかけ、または親の支援による受講。  
理由としては…  
①震災の影響による雇用事情への不安、  
②大手企業の本番が迫っているため、  
③自分の子どもに内定が出ないことによる不安 等が考えれる。

<具体的な相談例>
例1)息子/娘がことごとく面接に落ちてしまう。どの業界、企業を受けさせればよいだろうか。
例2)息子/娘を就職塾に入塾させたいのだが、仕組みや中身を教えてほしい。
例3)息子/娘が来週に最終面接を控えている。もう他に手ごまがなく、模擬面接等で直前対策をしたい。


【親のサポートにより、精神面・情報収集面にまで好影響】
<具体例>
①金銭面のサポート
アリ:高い交通費がかかる地方の企業のエントリーも可能。アルバイトの必要もなく、就活に専念できる。
ナシ:受けられる企業に制限がかかる。同時にアルバイト等行う学生が多いため、心身両面に負担がかかる。

②情報収集面のサポート
アリ:社会人経験がある両親が、面接の練習相手になったり、就活の方向性を示してくれる。
ナシ:自分ひとりでの情報収集が中心となるため、イメージ就活の原因になる可能性がある

③精神面のサポート
アリ:一番子どもを知っている親だからかけられるアドバイスもあり、長い就活において頼れる存在になる。
ナシ:結果報告だけになることで、大きなプレッシャーに繋がる。

⇒『実際に、就職活動への親の関心・サポートが増えている』


■参考
【就職活動以外の“親”の介入事情】
婚活にまで“親”が参加!?親同士による「代理お見合いパーティ」急増中
…未婚の子どもに代わって親同士がお見合いパーティに出席し、婚活を行うというもの。 本人達が出会う前に、結婚させたい親同士で子どものプロフィールを用い、その交換を行う。


■インタビューが可能です!
内定アカデミア代表  山川 雄志(ヤマカワ ユウシ)氏

~これまで、3,000人を超える学生のキャリア支援行ってきました!~
中央大学入学後に留学やモバイル企業での長期インターンシップを経験し、大学2年次に起業。大手広告代理店や、コンサル、メーカー等の企業人事とリレーションを作り、新卒採用支援事業を行う傍ら、都内の各大学のキャリアセンター等と合同で、同世代の学生向けに就活支援等を行う。これまでキャリア支援をしてきた学生は3,000名を超え、国内外を代表する大手企業や、現在急成長中のベンチャー企業で活躍する人材、起業家など多数を輩出。2009年4月に創業メンバーとして、株式会社ギブリーに参画。取締役に就任。学生インターン生を50人以上採用し、同時にキャリア支援を実施。外資コンサル企業、大手広告代理店、総合商社、シンクタンク等の内定者を輩出。これまでのノウハウと新卒採用支援事業での人事とのリレーションを活用し、内定アカデミアを設立。


■内定アカデミアとは
【運営会社】
・企業名:  株式会社ギブリー
・事業名:  内定アカデミア
・設立:   2009年4月
・事業内容: 学生就活支援事業、インターネットメディア事業、インターネットコンサルティング事業
・URL:    http://givery.co.jp/          
       http://naiteiacademia.jp/


【事業内容】
いずれ各業界を担っていくビジネスプロフェッショナルを輩出するための、学生向け就活塾です。 ES(エントリーシート)の書き方から、面接の練習といったベーシックな講義はもちろんのこと、各企業の人事とのリレーションを駆使したインターンの斡旋等、他社にない充実したコンテンツで学生の支援を行っています。  
・5/23(月) コースとは別に自由な時間に受講できる“単発セミナー”を開設
・6/16(木)、29(水) 親のための就活塾“親活セミナー”開講予定







  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ギブリー >
  3. 「婚活」、「恋活」、「朝活」はもう遅い・・・ “○活ブーム”がついにここまで! 次は、“親活(オヤカツ)”!?