クレジット教育に関する中学・高校教諭向け実態調査結果

 社団法人日本クレジット協会では、従来から、将来クレジットを利用するであろう高等学校、中学校の生徒等に対し、教材の提供、講師の派遣等を通じて、クレジットの利便性や正しい利用方法などについて教育支援活動を行っている。
 本調査は、家庭科の授業においてクレジットを取扱う時間やクレジットに対する教材などの授業手法に関するニーズ等を把握することにより、当協会が今後、若年層に対し教育支援活動を行う際の参考資料として活用するために実施した。
 回答数は570校であったが、この調査結果の特徴は以下のとおり。

  ①クレジットに関する年間の授業時間は平均で約1.5時間。

  ②授業内容は仕組みや利用方法などのクレジットの基礎が中心。

  ③クレジットに対しては先生・生徒ともに総じてプラスイメージ。

  ④今後の授業における教材として強く望むものは、DVDなどの視聴
   覚にうったえる教材やカードを実際利用したことのない中高生の
   ための体験・作業型の教材。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 社団法人日本クレジット協会 >
  3. クレジット教育に関する中学・高校教諭向け実態調査結果