女性の新しい生き方を応援する「サロネーゼの日」を制定しました

main image
有限会社ハッピーキューブス(東京都世田谷区/代表ローズ麻生育子)は、3月6日を
「サロネーゼの日」として、日本記念日協会(注1)に制定しました。

サロネーゼとは、自宅の部屋などをサロンとして、お料理やフラワーアレンジメントなどの教室を主宰する女性たちの総称。
サロネーゼは、その言葉こそ新しい表現ですが、日本には、古くから華道や茶道、お習字の先生など、自宅でなにかを教える女性は存在していました。
自分の“好き”をカタチにし、知的好奇心があり、絶えず学び続ける姿勢をもつ「サロネーゼ」は、自分の輝く場を持つスペシャリストたちでもあります。
子育てなどでブランクがあっても、また、家庭の都合で転居などがあっても、自宅で開業でき、自分のペースで働き続けられる、女性にとって魅力的な働き方のひとつ。
そんな女性の新しい生きかたのひとつとして注目を集めているサロネーゼを、より多くの人に知ってもらい、応援する日にと制定しました。
日付は、これから花開く早春であり、ひなまつり(3 月3日)と国際女性デー(3月8日)と同時期であること、また3と6でサロンの語呂合わせから。

この「サロネーゼの日」制定を記念して、有限会社ハッピーキューブスでは、2012年3月6日に、サロネーゼ発祥の地とされる二子玉川の玉川高島屋にて記念イベント(注2)を開催、また、日本初のサロネーゼ名鑑『日本のサロネーゼ77人〜“好き”をカタチに新しい生き方を実践する女性たち』(注3)を日経BPコンサルテイングから出版します。
また、サロネーゼを応援する会「サロネーゼサポーターズ協会」(名誉顧問 富田たかし 心理学者/駒沢j女子大学教授)を同時に立ち上げ、各界のスペシャリストの方々からもエールを贈っていただきます。


◉お問い合わせ先:有限会社ハッピーキューブス
         HP URL http://www.happycubes.jp

         担当 ローズ info@happycubes.jp




注1 日本記念日協会 
 
「サロネーゼの日」掲載のURL http://www.kinenbi.gr.jp/



注2 【記念イベント概要】


サロネーゼ100名を集めた大交流会

サロネーゼを応援する会「サロネーゼサポーターズ協会」のメンバーから著名人をゲストとしてお招きする予定


◆開催日:2012年3月6日(火曜日)

◆場所:玉川高島屋アレーナホール

◆協力:玉川高島屋

◆企画・運営:有限会社ハッピーキューブス

*仔細は、追って発表します
*イベントへの協賛ホスピタリティ企業を募集中です



注3 【出版概要】


現在活躍中のサロネーゼ77人のプロフィールとそのサロン情報、

また、異なる観点の取材から見えてくる様々なサロネーゼ像を掲載


◆タイトル:『日本のサロネーゼ77人
        〜“好き”をカタチに 新しい生き方を実践する女性たち』

◆出版社: 株式会社日経BPコンサルテイング

◆著者: ローズ麻生育子

◆発行時期: 2012年3月6日予定

◆ジャンル: 年鑑/生き方

◆発行形態: A5変形版 本文ページ数200ページ 4色
       初版6000部
       電子書籍化も検討中

*11月1日より掲載サロネーゼの一般募集をスタートしました
*サロネーゼと作る企業コラボページへの協力企業を募集中です
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. 有限会社ハッピーキューブス
  3. 女性の新しい生き方を応援する「サロネーゼの日」を制定しました