NCECとパートナー契約を締結し、緊急対応サービスおよび安全性データベースの日本における販売を開始

2013年5月28日(大阪)、31日(東京)にセミナー開催を予定

日本ケミカルデータベース株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長: 嵩西 賀伸、コニシの100%子会社、以下JCDB)は、National Chemical Emergency Centre※(本拠地:英国、オックスフォード、事業担当役員:Robert Bell、以下NCEC)の緊急対応サービス「CareChem24」および安全性データベース「ChemData」の日本における販売を開始いたします。

JCDBは、昨今需要の高まっている危険化学品輸送における緊急対応サービスについて、実績に優れた「CareChem24」と化学品取扱いにおける安全情報を収録した「ChemData」を日本市場に紹介すべくパートナー契約を締結いたしました。
※NCECは1973年に英国国家機関として創設された後に民営化され、現在Ricardo-AEAのグループとして危険化学品輸送時の24時間緊急対応サービスを提供するとともに化学品の取扱い安全情報をデータベース化して提供しております。

 

<CareChem24の特徴>
 24時間365日のサービス。
 英語のみならず多国語での受付に対応。世界中の危険化学品輸送に対応。
 1製品ごとではなく会社単位での契約になり、低コストで運用が開始可能。
 船舶輸送時の座礁事故による海洋汚染対応もオプション化。

<ChemDataの特徴>
 46,000件におよぶ化学物質の安全性情報が収録。
 応急措置のみならず、健康有害性情報や環境有害性情報も収録。
 PCにインストールして利用するだけでなく、モバイル端末での利用も可能(有償オプション)。
プラントや輸送現場での迅速な対応が可能。
 英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、オランダ語に対応。日本語インターフェースも準備中。

 

今後、お客さま先に個別に訪問するほか、2013年5月28日(大阪)、31日(東京)にセミナー開催を予定しております。情報は逐次JCDBホームページ(http://www.jcdb.co.jp/)へ掲載されます。JCDBとNCECは3年間で100社への販売を見込んでおります。

 

NCEC http://www.the-ncec.com/
JCDB http://www.jcdb.co.jp/
コニシ株式会社 http://www.bond.co.jp/

 

【本件製品・セミナー関する報道機関からのお問い合わせ先】
日本ケミカルデータベース株式会社
グローバルソリューション部
TEL: 03-3239-5901 Email: jcdb-gs@jcdb.co.jp

  1. プレスリリース >
  2. 日本ケミカルデータベース株式会社 >
  3. NCECとパートナー契約を締結し、緊急対応サービスおよび安全性データベースの日本における販売を開始