新ブランドの食料品店「EPICERIE BONHEUR 成城石井」を10月2日、大手町にオープン。更に、成城石井として初参入のワインバー「Le Bar a Vin 52」が12月中旬、麻布十番に登場。

株式会社成城石井は2013年秋冬、従来の成城石井にはない新しい業態をスタートさせます。
1つは女性をメインターゲットとした、新ブランドの食料品店「EPICERIE BONHEUR 成城石井」を東京・大手町にオープン。同店だけのために開発・導入した商品を集め、ご来店されるお客様が幸せな気分に満たされるようなお店を目指します。
2つめは、成城石井として初めて参入するワインバー「Le Bar a Vin 52」が、東京・麻布十番に登場。成城石井のバイヤーが選りすぐった食材と、自社輸入ワインをこだわりをもってご提供します。
本年100店舗目の出店をむかえた成城石井は、多種多様なお客様のご要望にお応えするため、さらなるチャレンジを続けてまいります。

株式会社成城石井(本社事務所:神奈川県横浜市西区北幸、代表取締役社長:原昭彦)は、2013年10月および12月に、それぞれ当社としては初めての試みとなる新しい業態の店舗をオープンいたします。
成城石井は2013年3月に100店舗目をオープンし、多くのお客様にご利用いただけるようになりました。一方で、お客様の多種多様なご期待に対して持続的にお応えするためには、これまでの成城石井の枠組みを超えた新しい業態の開発が必要だと考え、この度、以下の通り2店舗を出店いたします。

 

■10月2日 東京・大手町に「EPICERIE BONHEUR 成城石井 (エピスリー・ボヌール セイジョウイシイ)」
10月2日開業の大手町タワー内“OOTEMORI”に、女性をメインターゲットにした食料品店「EPICERIE BONHEUR 成城石井」をオープンいたします。約35坪のコンパクトな店舗に、選りすぐりの品揃え。成城石井が「駅ナカ」展開で磨き上げてきた、コンパクトな店舗運営のビジネスモデルに、グローバルな最新トレンドを取り入れ、ワンランク上の成城石井をつくります。

■12月中旬 東京・麻布十番に「Le Bar a Vin 52 (ル・バーラ・ヴァン フィフティーツー)」
12月中旬には成城石井が初めて本格的に参入するワインバー「Le Bar a Vin 52」をオープンいたします。麻布十番大通り沿いに新築されるレジデンスの1Fに「成城石井」が、2Fにワインバーという、新しい出店形態です。成城石井のスケールメリットを活かして、ご提供するワインや料理の数々は、高品質にもかかわらず、お値打ち感を打ち出します。もちろん、安心・安全、オーガニック、美容や健康への提案も追及し続けます。

■成城石井のこだわり
「食」は人の暮らしの根幹であり、心と体に深くかかわる大切なものです。どんな人でも、美味しいものや安心で安全なものを食べることで、ライフスタイルも豊かに、そして幸せな人生につながると、成城石井は信じています。これまで成城石井はとことん「食」にこだわり、「食」を通じて人々の生活を豊かにしていき、そのことで幸せを感じていただけるような取り組みをしてまいりました。これからも私たちは、より多様化、高度化するお客様のご期待にお応えし続けるために、様々なイノベーションにチャレンジしてまいります。 

 


■「EPICERIE BONHEUR成城石井」とは
この度オープンするEPICERIE BONHEUR成城石井は、10月2日に開業する「大手町タワー」内の地下商業ゾーン「OOTEMORI(オーテモリ)」に店舗を構えます。取り扱いアイテム数は約2500。そのうち約250アイテムはこの店だけのオリジナル商品となります。店名の「EPICERIE BONHEUR」 は、フランス語で“幸せの食料品店”の意味。「現代を生きる人々が幸せに、自分らしく輝き続けてほしい」という願いを込めて名づけました。

■「EPICERIE BONHEUR成城石井」の4つのテーマ
①「EATRAVEL」=世界中を旅しているような食の品揃えを楽しめます
・世界中の紅茶やハーブティーを集めた ”TEA OF THE WORLD” 。およそ250品目の紅茶を品揃え
・成城石井が独占輸入している、イタリア「バルベーラ社」のエスプレッソスタンドを日本で初めて併設
・限定ハウスワインは、赤白ともにボルドーAOCをセレクション。「EPICERIE BONHEUR」オリジナルラベルで登場
・空輸チーズの取り扱いにも力を入れ、カマンベールについては、全店でもトップクラスの品揃え
②「LIFESTYLE」=ヘルシーで美味しい食のスタイルを提案します
・有機トマト・パスタ・オリーブオイルを使用したヘルシーなパスタシリーズや雑穀米を使ったお弁当やカレー
・フランス産ブリー、自家製モモハム、自家製パンを贅沢に使用した、オリジナル特製サンドイッチ
・紅茶新商品「ハムステッド」を取り扱い。有機JAS認定商品であり、一部はフェアトレード商品
・人気No.1の「プレミアムチーズケーキ」をオリジナルでアレンジした「大手町プレミアムチーズケーキ」を限定販売
③「DESIGN」=スタイリッシュで洗練された空間にこだわります
・女性をメインターゲットとするEPICERIE BONHEUR成城石井の店舗デザインとCIは、女性ディレクター(社外)が監修。モノトーン基調のスタイリッシュで落ち着いたデザインで完成
・スタッフ着用エプロンは、ベイクルーズグループの人気アパレルブランド“EDIFICE”によるオリジナルデザイン
④「社会貢献」=お客様に加えて、生産者や社会にも貢献していくことを重要なテーマとします
・食材を生産する人の生活や環境をサポートする公平な貿易のしくみ作りを応援するため、フェアトレード商品の販売を通して啓発活動(フェアトレード商品の取り扱い数量は、既存の成城石井の約2倍)
・内装の一部に間伐材を利用したECOな材料を使用。LED照明も採用し環境保全に配慮

■今後の構想
年内は大手町のみの展開。2014年以降は、1号店の動向を見極めて拡大を検討していきます。 

 

<店舗概要>
・店名:EPICERIE BONHEUR成城石井 大手町店
・オープン日:2013年10月2日(水)
・通常営業時間: 7:30~23:00
・所在地:東京都千代田区大手町1-5-5 大手町タワーB2F
・電話番号:03-5220-2951
・売場面積:34.5坪
・取扱商品:青果・乳製品・日配品・グロサリー・菓子・酒・パン・惣菜・弁当・雑貨 等

 

 

 

 

■「Le Bar a Vin 52」とは
12月に開業するLe Bar a Vin 52は、最先端の飲食店やハイセンスな人々が集まる麻布十番商店街のメインストリートにオープンする、成城石井としては初めて本格的に進出するワインバーです。素材本来の美味しさや、普段なかなか手が出ない食材を、テイスティング感覚でご賞味頂き、新しい食の世界を感じて頂ける店にしていきます。店名の「Le Bar a Vin」とはフランス語で「ワインバー」。「52」は1年52週を通じて、上質なワインや食材と最高のサービスをお愉しみいただきたいという成城石井の志を表現しています。

■「Le Bar a Vin 52」の3つのこだわり
①ワインを愉しむ
成城石井はワインの品質管理には絶対の自信を持っております。コストパフォーマンスが抜群の豊富なワインメニューが他にはない大きな差別化ポイントです。
・週替わりワインの3種ティスティングセットでは、様々な切り口のセットを用意
・オープニング時には、フランスの三ツ星レストラン「ミシェル・ジャック」の3種セットを提供
②切りたての生ハム、非日常の贅沢をお手ごろに、ワインにぴったり合うお惣菜
・ワインとのマリアージュを重視したフードメニュー。特に生ハムは、お客様の注文に合わせて、カット・スライスする
シーンを見ていただきながら、切りたての一番美味しい状態でご提供
・普段なかなか手が出ないようなキャビア、フォアグラ、トリュフ等の高級食材を使用したフードを、お手頃な価格でご提供するスペシャリテ
・セントラルキッチンで製造する自慢のお惣菜も、当店のシェフがワインにぴったり合うお勧めメニューにアレンジ
③安全・安心、オーガニック、健康・美容に配慮
例えば、サラダに使用する野菜はすべて有機野菜。また、栄養たっぷりの旬の野菜で作るタパスや、女性に嬉しい美容に良いと言われる食材をふんだんに使用したデザートもご用意。もちろん食材の全ては、成城石井の安心・安全の品質をクリアしたもののみ使用。素材の美味しさを、そのまま味わっていただけるような調理法で提供します。

 

<店舗概要>
・店名:Le Bar a Vin 52 麻布十番店
・オープン予定日:2013年12月中旬(詳細未定)
・通常営業時間:11:30~23:00(仮)
・所在地:東京都港区麻布十番2-2(地番)
・電話番号:未定
・URL:未定
・営業面積:約52坪
・座席数:64席

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社成城石井 >
  3. 新ブランドの食料品店「EPICERIE BONHEUR 成城石井」を10月2日、大手町にオープン。更に、成城石井として初参入のワインバー「Le Bar a Vin 52」が12月中旬、麻布十番に登場。