サントリーグッズバー「第2回ウイスキー川柳」受賞作品発表 最優秀賞は、「饒舌は 似合わぬ父の ウイスキー」

「父の日」記念の川柳作品決定 話題の美人川柳作家、やすみりえ審査委員長による選評も。

ウイスキー関連グッズ通販サイト「サントリーグッズバー」では、6月21日(日)の「父の日」を記念した
「第2回ウイスキー川柳」の受賞作品を発表いたします。

ウイスキー川柳とは、父と飲んだ初めての一杯や温かい人柄、お酒と父のユニークなエピソードなどの川柳を、今年の5月から約1か月間、インターネットにて公募したものです。今年は、審査委員長として、各種メディアの川柳コーナーなどで話題の美人川柳作家、やすみりえさんを迎え約3,000作品の応募がありました。やすみ審査委員長の選評と今年の受賞15作品は以下の通りです。
■最優秀賞        1名
「饒舌は 似合わぬ父の ウイスキー」(50代男性)
「饒舌は似合わぬ」という言葉に様々なイメージを重ねる事が出来ます。十七音の中に父の姿がしっかりと描かれている点も良かったです。句の全体から、ウイスキーを楽しむひととき、時間がゆったり流れてゆく雰囲気も感じられる素敵な作品です。

■「泣かせるで賞」 1名
「ウイスキー 喜怒哀楽が すべてある」(40代男性)
ウイスキーへの愛情を感じる作品。まさしく人生の様々な場面を包んでくれる存在なのでしょう。そしてまた、ウイスキーのつくり手への想いを込めたメッセージのようにも感じられる内容で、多くの人の心に響く一句ではないでしょうか。

■優秀賞             3名         
「想い出を ボトルにキープ してた父」(50代女性)
ウイスキー、そして“父”を題材に巧くまとめた作品です。ボトルに閉じ込めてあったのは一体どのような想いなのでしょう。表現が粋で、想像が膨らみます。作者の伝えたい情感が、しみじみと広がっていきますね。

「背中見て 飲み方真似て 父になる」(50代男性)
息子からの目線、男同士ならではの一句です。父への尊敬や憧れが、五七五の端々に滲んでいます。更には自分自身が父となった感慨深さも伝わってきました。

「コルク開け 父のにおいを 思い出す」(50代女性)
香りから父を思い出したという切り口が良かったですね。シンプルな内容なのですが、そのぶん香りにポイントを絞って句を味わえました。味覚や臭覚を取り入れて川柳を詠むと表現の幅が広がりますね。


佳作10作品については、下記に記載しております。
昨年の最優秀賞は、40代男性の 「三十路過ぎ グラス持つ手も 親父似に」でした。

審査委員長のやすみさんより、「今回の選考では川柳の定型(五・七・五の十七音)をきちんと守れているかどうか、そしてテーマであるウイスキーや父の日、お父さんなどをイメージさせる作品であるかという2つのポイントに重点を置きました。優しい雰囲気や人物を詠みこんで、風情ある内容に仕上げた作品が多く寄せられた印象です。日頃の皆様のウイスキーに寄せる想いが、素敵な作品になったのだとお見受けしました。たくさんのご応募、ありがとうございました。」


最優秀賞 50代男性
「饒舌は 似合わぬ父の ウイスキー」

泣かせるで賞 40代男性
「ウイスキー 喜怒哀楽が すべてある」

優秀賞 3作品
50代女性「想い出を ボトルにキープ してた父」
50代男性「背中見て 飲み方真似て 父になる」
50代女性「コルク開け 父のにおいを 思い出す」

佳作 10作品
50代男性「親父ギャグ 次の一杯 超薄め」
60代男性「父の日は 響がいいな そっと言い」
30代女性「父酔えば 娘自慢の ウイスキー」
50代男性「量よりも 涼をグラスに 求む歳」
60代男性「飲んでるか 笑顔懐かし 空の上」
50代男性「久しぶり おやじと交わす ハイボール」
60代男性「遺された ボトルの底に 父がいた」
60代男性「父の日は 少し濃い目の 水割りを」
30代女性「グラスごし 父の横顔 式前夜」
30代女性「遺された 父の背中に角瓶を」
※順番は不問
※作品の著作権はサントリーショッピングクラブに帰属しています。無断での転載、使用はご遠慮ください。

【第2回ウイスキー川柳 概要】
タイトル:    グッズバー「第2回ウイスキー川柳」
応募期間:    2015年5月11日(月)~6月1日(月)12時まで
応募総数:    4,433件(うち川柳応募は3,082件)受賞作品:最優秀賞1作品、「泣かせるで賞」1作品、優秀賞3作品、佳作10作品

参加方法:    公式HP、http://suntory-goods.jp/ へ川柳の投稿とアンケートにご記入の上、投稿。

審査員:    サントリーショッピングクラブ川柳事務局/審査委員長やすみりえ

当選者:    川柳 計15名(「最優秀賞」1名様:山崎×タケオキクチクリスタルロックグラス(イニシャル入り)&サントリーシングルモルトウイスキー山崎12年、「泣かせるで賞」1名様:森香るハイボールグラス(2個)&サントリーシングルモルトウイスキー白州12年、「優秀賞」3名様:サントリーウイスキーローヤル《未歳》ボトル、「佳作」10名様:角ハイボールジョッキ(2個)&角瓶オリジナルしおり

主催:    株式会社サントリーショッピングクラブ

一般からの問合せ先:  SSC川柳事務局(サントリーグッズバーお客様センター)
                       連絡先:0120-755-310 メールアドレス:goodsbar@suntory.co.jp

応募先:    公式HP(http://suntory-goods.jp/

 【会社概要】
社名: 株式会社サントリーショッピングクラブ
所在地: 東京都中央区晴海1-8-12晴海アイランドトリトンスクエアオフィスタワーZ 31階
主な事業内容:酒類関連備品販売(酒販店様・飲食店様向け)、企業の販促支援・代行(キャンペーン企画・景品提案・配送・事務局運営等)
設立: 1978年10月
資本金:1億円(サントリーホールディングス株式会社全額出資)
代表者:代表取締役社長 小濱 力
従業員数:149名(2015年4月1日現在)
電話:03-3533-8911(代表)
URL:http://www.suntory-sc.com/

■やすみ りえ(川柳作家) プロフィール
神戸市出身。恋愛をテーマとした独自の川柳作品を発表するかたわらテレビ・雑誌等の川柳コーナーや企業公募川柳の選者を多数務める。子供から大人まで様々な世代を対象に全国各地で川柳教室を開催。音楽や料理等他ジャンルとのコラボレーションを通して言葉を紡ぐ楽しさを幅広く発信中!全日本川柳協会会員。文化庁文化審議会委員。『50歳からはじめる、俳句・川柳・短歌の教科書』監修(土屋書店)、句集『ハッピーエンドにさせてくれない神様ね』『召しませ、川柳』(新葉館出版)他
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. 株式会社サントリーショッピングクラブ
  3. サントリーグッズバー「第2回ウイスキー川柳」受賞作品発表 最優秀賞は、「饒舌は 似合わぬ父の ウイスキー」