福岡県広川町とNSマテリアルズ、久留米・広川新産業団地企業立地基本協定を締結

100億円規模の企業投資を誘致

福岡県広川町、一般財団法人 久留米市開発公社は、NSマテリアルズ株式会社と、久留米・広川町新産業団地企業立地基本協定を締結
福岡県広川町(町長:渡邉 元喜、以下:広川町)、一般財団法人 久留米市開発公社(理事長:川 原 伸 孝、以

下:久留米市開発公社)は、NSマテリアルズ株式会社(代表取締役社長:金海  榮一、以下:NSマテリアルズ)と、久留米・広川町新産業団地企業立地基本協定を締結したことを7月16日発表。NSマテリアルズは、本協定に基づき、同産業団地内の3,555.42m2の敷地面積に、第1期工事として500m2規模の第1工場建設を平成27年10月1日より開始する。月産6トン規模の量子ドットの生産を可能にする新工場の操業は、平成28年4月1日を予定。

 

また、NSマテリアルズは、第2期工事として、平成28年10月より第2工場施設の建設工事(規模:1500m2)を着工し、平成29年12月の操業を目指します。第1工場と第2工場を合わせた量子ドットの生産量は、月産20トン規模。本生産拠点以外の拠点整備も計画しており、平成28年7月までに筑紫野市に研究開発センターの開

設、また平成29年には福岡市に本社機能の移転を予定する。NSマテリアルズが自社の企業活動に対して福岡県で行う投資は、平成29年末までに30億円、今後5年間の合計総額100億円規模になる予定。NSマテリアルズは、今後も福岡県での投資を継続し、雇用促進を含む地域経済の活性化に貢献していく。


福岡県知事 小川洋氏談:
「NSマテリアルズ株式会社の久留米・広川新産業団地における新たな製造拠点の設置を心からお喜び申し上げます。御社は、平成18年の創業以来、本県を拠点に研究開発を行われ、世界に先駆け、LED用の新しい蛍光体である「ナノ蛍光体」の量産技術を確立されました。この技術は、次世代テレビの高精細ディスプレイなど、新しい分野での需要拡大が見込まれています。福岡県の企業が技術を開発され、しかも、その製品の生産拡大を県内で行っていただくことを大変ありがたく、誇りに思っています。福岡県は、成長著しいアジアに近く、陸海空の交通アクセスも充実しています。また、自動車、ロボット、バイオといった先端成長産業が集積するなど、ビジネスを国内外に展開するにあたり、数多くの強みがあります。NSマテリアルズ株式会社におかれましては、こうした福岡県の強みを活用され、更なる発展を遂げられますよう、ご期待申し上げます。」

 
  1. プレスリリース >
  2. NSマテリアルズ株式会社 >
  3. 福岡県広川町とNSマテリアルズ、久留米・広川新産業団地企業立地基本協定を締結