障がい者雇用支援のスタートラインが、新たな雇用支援モデル『プログラム24サービス』の提供を東京都新宿区で開始

サテライトオフィス(サポート付きシェアオフィス)を活用した障がい者雇用支援サービス及びコンサルティングを提供している株式会社スタートライン(以下、スタートライン)は、障がい者雇用支援の新たなモデル、『プログラム 24 サービス』の提供を開始いたしました。
 スタートラインは、サテライトオフィスの運営を通して、継続的に約40社に利用していただいており、毎日約200名の障がい者への職業生活のサポートを提供しております(2015年7月末時点)。また、職業生活のサポートは、行動分析学に基づいた支援ノウハウを元に行っており、障がい者の高い定着率に結びついております。そこで今回、弊社の障がい者雇用の専門性とノウハウをご利用いただく企業様に提供させていただくことによって、企業様が障がい者を安心して雇用することの実現を目的とした新サービス『プログラム 24 サービス』を開発いたしました。
 『プログラム 24 サービス』とは、「障がい者を採用しても定着しない」、「どう支援をすればよいか分からない」など障がい者の受け入れに課題や不安をお持ちの企業を対象に、受け入れ側である企業の受入環境の構築働く障がい者自身の適応力向上を、24ヶ月で実現できるサービスです。

<プログラム 24 サービス>
『プログラム 24 サービス』とは、障がい者が「仕事そのもの」や「一緒に働く人」に段階的に慣れていただくことで、より安定的に雇用できる障がい者雇用支援サービスです。全体のプログラム期間は24ヶ月とし、最初の12ヶ月は、障がいを持たれた方が「仕事自体」や「働くこと」、「出勤すること」に慣れていただき、その後の12ヶ月は、「一緒に働く管理者の方とのコミュニケーション」に慣れることに重きを置き、その間に働く障がい者の業務力及び自身のセルフコントロール力を向上させるだけではなく、受け入れ側企業の受入環境の構築を実現します。

 

なお、『プログラム 24 サービス』は、弊社の新宿センター(東京都新宿区西新宿7-21-1 新宿ロイヤルビル4F)にて提供いたします。
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スタートライン >
  3. 障がい者雇用支援のスタートラインが、新たな雇用支援モデル『プログラム24サービス』の提供を東京都新宿区で開始