福岡市スタートアップカフェが、知識・経験のシェアによるスポットコンサルサービス「ビザスク」を創業支援に活用

企業と個人の知見をマッチングするスポットコンサルプラットフォーム「ビザスク(https://service.visasq.com)」を運営する株式会社ビザスク(東京都新宿区、代表取締役 端羽英子)は、福岡市スタートアップカフェの公式パートナーに就任し、地域を超えて知識・経験を1時間単位でマッチングし、福岡市の起業家のチャレンジを後押し致します

■ “知識・経験”というお金でも、制作物でもない、無形資産でビザスクが福岡の起業家を支援
 
福岡市は国家戦略特区「グローバル創業・雇用創出特区」に指定されており、世界で最もビジネスをしやすい環境づくりに力を入れている。その一環として創業に関しての情報収集の場や、行政手続きをワンストップで簡便に行える窓口となる場所として位置づけられているのが「スタートアップカフェ」です。
2014年10月の開設以来複数のスタートアップ企業とのパートナーシップ提携を発表しており、今回のビザスクの提携では、「スタートアップカフェクラブ」の会員に対して、これまでになかった“知識・経験”での支援が可能なビザスクの活用により無形資産である知識・経験の提供による支援が、一時間単位で受けられるようになります。

【ビザスク】https://service.visasq.com/

一方で、全国の「地元福岡の企業を応援したい」「少しずつ福岡に関わりたい」「移住はできないが地方創生に貢献したい」というビザスクに登録している企業経験豊富なビジネスパーソンのニーズにも応えられることになります。
ビザスクは、世代、地域、組織を超えて企業と個人がつながることで、知的生産性を高め、チャンレンジを後押ししており、今回の取り組みをはじめ、“地域”を超えた知見のマッチングを積極的に行って参ります。

■   ビザスクとは

ビザスクとは・・課題を持つビジネスパーソン(=クライアント)と、専門的な情報や豊富なビジネス経験を持つビジネスパーソン(=アドバイザー)が、「1時間の電話/対面会議(=スポットコンサル)」という形でスポットコンサルティングを提供するWebサービス。

所在地 東京都新宿区西新宿 6-15-1 ラ・トゥール新宿 703 号室
設立 2012 年 3 月
資本金 33,335 万円(資本準備金を含む)
代表 代表取締役 端羽 英子
URL http://visasq.co.jp/

■福岡市スタートアップカフェ http://www.startupcafe.jp/

スタートアップカフェとは・・起業家の活動を拡げるため、スタートアップに関する情報提供・相談・交流機能、人材のマッチングなどの人材確保支援機能を有し、創業から人材確保までの支援を行う拠点です。スタートアップに興味がある人が気軽に集まり交流することで、新たな事業や新たなアイデアなどを生み出すことを目指しています。 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ビザスク >
  3. 福岡市スタートアップカフェが、知識・経験のシェアによるスポットコンサルサービス「ビザスク」を創業支援に活用