~「龍角散ののどすっきり飴」新CM~秋田美人と農場主が龍角散のこだわりを紹介秋田県で誕生した200年の歴史ある老舗企業が国産ハーブ作りへのこだわりを描く

『花を見ればわかる』篇、 『何も変わらない』篇が11月28日(土)オンエア開始

株式会社 龍角散(東京本社:東京都千代田区)は、タレントの安田 聖愛さんと綿引 勝彦さんを起用した新CM『花を見ればわかる』篇、 『何も変わらない』篇の2種類を11月28日(土)から全国エリアでオンエアいたします。 

 

今回のCMでは、「龍角散ののどすっきり飴」に配合される国産ハーブが、手間暇かけて作られている様子を、秋田美人のヒロイン役を演じる安田さんと、少し気難しそうな農場主役を演じる綿引さんがやり取りする中で紹介していきます。

実際に本格栽培が行われている、秋田県八峰町の農場で撮影されました。

CM概要
■タイトル:『花を見ればわかる』篇(15秒/30秒)/『何も変わらない』篇(15秒/30秒)
■放送開始日:2015年11月28日(土) ■放送エリア:全国エリア

ヒロインの秋田美人と気難しそうな農場主、秋田県知事が出演。
手間暇かけたハーブから作られる「龍角散ののどすっきり飴」について紹介。


■『花を見ればわかる』篇
秋田県八峰町にある畑で龍角散の飴に配合されるハーブが育てられています。農場主は手間暇かけて作るこのハーブについて、「どれだけ手間をかけたかは、花を見れば分かる」と語り、ヒロインの気持ちを高ぶらせます。秋田県知事が登場し、ハーブの本格栽培が秋田で始まったことについてアピール。

■ 『何も変わらない』篇
秋田の美しい緑の風景の中、颯爽とヒロインが自転車で坂を下る気持ちの良いシーンから始まる。「秋田は昔と変わらない。」とヒロインが話す。農場主は、「畑と人もずっと一緒だよ」と語る。秋田の空と土と風景。それらは今も昔も変わりはなく、順調に作られるハーブについて秋田県知事がアピール。

■企画コンセプト
畑の土や水にもこだわり抜いた「国産ハーブ」づくりと、のど飴のすっきり感を伝える!
秋田の美しい自然に囲まれた畑で、大事に育てられるハーブ。畑の土や水にも、こだわり抜いた
「国産ハーブ」づくりと、のど飴のすっきり感を伝える、さわやかなCMをめざし作成しました。
CM撮影も、実際にカミツレが栽培されている畑で行われ、CMのラストカットで力強く咲いているカミツレの花も「龍角散ののどすっきり飴」に配合されます。

■エピソード
・江戸時代に生まれた龍角散は、秋田のお殿様、佐竹公ののどを守るために生まれたのが起源です。
・「佐竹公」の末裔は現秋田県知事であり、龍角散と200年以上もの付き合いがあることから、今回のCMにも友情出演して頂いております。
・今回、秋田ルーツというコンセプトに強いこだわりを持っており、秋田出身の安田聖愛さんがヒロイン役に選ばれました。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社龍角散 >
  3. ~「龍角散ののどすっきり飴」新CM~秋田美人と農場主が龍角散のこだわりを紹介秋田県で誕生した200年の歴史ある老舗企業が国産ハーブ作りへのこだわりを描く