日本品質レベルをクリアした光記録ディスクを輸入販売開始

専用ライン・スタッフで作る、太陽誘電技術を継承した業務用高品質光ディスクを販売

【日本品質の技術継承】株式会社マイクロボードテクノロジー(CEO熊倉 義人)は、CMC Magnetics(台湾)から、業務用CD-RやDVD-Rなどの記録メディア「CMCpro Powered by TY Technology」を2016年4月15日より発売開始いたします。太陽誘電技術を継承した日本品質維持のため、MIDコード、素材、制作工程も変わらず、専用ライン・スタッフにより制作されます。
■品質へのこだわり
現在の光ディスク製品(CD-R/DVD-R)は、海外からの輸入販売が主流です。
業務用光ディスクを取り扱う業者は、販売先であるユーザーへ高品質で安心できるメディアの販売を求めています。「CMCpro Powered by TY Technology」は、高度な制作工程と、厳しい検査基準をクリアした製品です。ユーザーは、既存の機器を使用して、今まで通り太陽誘電製メディアと同様に、安定した記録と再生互換を維持することができます。

太陽誘電製光ディスクの国内生産終了に伴い、新しく生産を受け継ぐのは台湾CMC社(CMC Magnetics Corp)。CMC社は太陽誘電社のライセンスを2015年9月に取得。それまで培ってきた太陽誘電品質をそのまま継承するため、専用の制作ライン・スタッフによって、「CMCpro Powered by TY Technology」というブランドの元、高品質な光ディスクの製造を継続します。


■太陽誘電社製と「CMCpro Powered by TY Technology」のDVD-R品質比較 ※1
※1縦軸(Plsum8)の数値280を上限規格としたなかで、数値が低いほど光ディスクの記録再生品質が向上します。

DVD-Rエラー比較


記録:弊社標準機
再生:Expert DVDT-R106


■太陽誘電社製と「CMCpro Powered by TY Technology」のCD-R品質比較 ※2
※2縦軸(C1)の数値220を上限規格としたなかで、数値が低いほど光ディスクの記録再生品質が向上します。

CD-Rエラー比較

 

記録:弊社標準機
再生:Expert CDT512


記録メディアのパイオニアとして世界各国で利用された太陽誘電製の光ディスク。その技術を継承し、新たに立ち上がったブランド「CMCpro Powered by TY Technology」。マイクロボードテクノロジーは、国内販売の先駆けとしてCMCpro Powered by TY Technologyの記録メディアを4月15日より発売開始いたします。



■株式会社マイクロボードテクノロジーについて
本社 : (米国) Microboards Technology LLC
グループ企業 : (日本) 株式会社マイクロボード・テクノロジー (英国) Microboards Technology Ltd 米国工場・ペナン工場
所在地 : 東京都中央区日本橋兜町20-5事業内容 : CD-R/DVD-R/Blu-Ray関連製品の製造および販売、3Dプリンター、ラベルプリンター、CCFL照明の販売、Softwareの開発

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マイクロボード・テクノロジー >
  3. 日本品質レベルをクリアした光記録ディスクを輸入販売開始