大阪の広告クリエイターが、ヒューストン国際映画祭で金賞!!

広告クリエイター達が自主制作したshort movie< japing >が、短編部門でGOLD AWARDを獲得!!

普段は大阪でCM等の制作を手がける広告クリエイターが集結し、制作費わずか20万円でshort movie< japing(ジェイピング)>を自主制作!第49回ヒューストン国際映画祭 短編映画コンペティション部門で、GOLD REMI AWARDを受賞!!

「ヒューストン国際映画祭」は1961年に始まった歴史ある映画祭で、通称「Remi Awards(レミ賞)」と呼ばれている。サンフランシスコ国際映画祭、ニューヨーク国際映画祭にならび、北米で3番目に歴史のある映画祭。インディペンデント映画祭としては世界最古であり、過去にはスティーブン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカス、デヴィッド・リンチらも受賞。49回目となる今年は4月8日から17日に開催、世界74カ国から4,500作品がエントリーした。

世界74カ国から4,500作品がエントリー世界74カ国から4,500作品がエントリー

海外特にアメリカではインディペンデント映画の制作といえども、数千万円をかける事もあると言われている。その中で、わずか20万円で制作したshort movieが受賞したことはまさに異例と言える。

今年で49回目の歴史を誇る今年で49回目の歴史を誇る受賞作< japing >は大阪の広告代理店 読売連合広告社のクリエイティブディレクター 牧賢治が自身初となる脚本・監督を務め、フリーランスカメラマン 四方田俊典、CMプロダクション レイ、芸能プロダクション アティチュードほか在阪クリエイターを中心に制作。

同作品は昨年日本国内においても、日本芸術センター「第7回映像グランプリ 若獅子賞」を受賞している。

<STORY>
ひょんなきっかけで出逢うこととなった、ひとりのアニメオタクとひとりのアウトロー。出逢うはずもなかった2人が出逢い互いに微かな興味を覚え、いずれ再び相見える。2人は何の約束を交わしたのか。。。

全編モノクロの無声映画で、20分構成。
音楽監督は、世界的DJ大会DMCに日本代表としての出場経験があるDJ TAIJI(T-SKRABBLE DJ'S)。
挿入曲にはアニメ声×ロックの「アニロック」という新ジャンルを確立したバンド、ウルフラムが参加。

現在、一般劇場公開は未定。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アティチュード >
  3. 大阪の広告クリエイターが、ヒューストン国際映画祭で金賞!!