錦織圭選手を2020へむけた広告キャラクターとして起用!

TV-CM「未来を創る」篇(30/15秒)、「試合が始まる」篇(30/15秒)

 日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鵜浦博夫)と、東日本電信電話株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山村雅之)、西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:村尾和俊)、NTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:庄司哲也)、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:加藤 薰)は、グローバルな舞台で活躍するプロテニスプレイヤー錦織圭選手と2020へむけた広告キャラクター契約を結びました。

 NTTは、東京2020オリンピック・パラリンピックを応援していくTV-CM等を今後展開していくとともに、錦織圭選手が利用するモバイル通信等のサポートを行っていきます。将来的には、錦織圭選手のプレーを一般の方が仮想の世界で体感する等、NTTの最新技術を活用した取組みを検討してまいります。

 このたび、錦織圭選手を起用した第一弾の企業広告「未来を創る」篇と「試合が始まる」篇を制作いたしました。

未来を創る 篇

 

 

試合が始まる 篇

 

  NTTは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた「東京2020ゴールドパートナー(通信サービス)」の第1号であり、今後も錦織選手とともに東京2020オリンピック・パラリンピックを応援していきます。


<撮影時エピソード>

■撮影前日はマイアミオープンの決勝戦

撮影前日はマイアミオープンの決勝戦でした。結果は、惜しくもジョコビッチに敗退し準優勝でした。約2週間に及ぶ連戦が続いたあとなので、疲労もピークの錦織選手でしたが、撮影が始まると、ストレッチ一番、走るシーンなど元気に撮影が始まりました。
各カット1~2テイクでOKで、撮影は滞りなく進みました。

 

■おにぎり、いぶりがっこ、味噌汁でパワーアップ

世界各国で戦っている錦織選手に、少しでも日本の味を味わってもらおうと昼食に、梅とおかかと昆布のおにぎりを用意し、いぶりがっこのおしんこと白菜の浅漬けも用意しました。焼き海苔をまいておにぎりをパクパク。お味噌汁も用意していましたので、つかの間の日本を感じていただけたと思います。






■強烈なスマッシュにカメラマンもビクッ!

「未来を創る篇」では強烈なスマッシュを打ち込むシーンがありますが、ネットの裏で正面から撮影しようとしていたカメラマンも、強烈なスマッシュをいただき、首をすくめる一面もありました。
錦織選手のスマッシュを正面から見るのは、やはり怖いですよね。



<錦織圭選手 プロフィール・コメント>

錦織 圭(にしこり けい)
生年月日:1989年12月29日
出身地:島根県松江市
身長 :178cm 体重:70kg
プレイスタイル: 右打ち ( 両手バックハンド)
所属:日清食品
●錦織圭選手コメント
「錦織圭です。NTTのみなさんと一緒にこれから世界で戦っていきます!Moving Forward Together As Your Value partnerみなさん応援よろしくお願い致します!」


<NTT代表取締役社長鵜浦博夫 コメント>
「錦織選手の世界でのご活躍に普段から感動しています。私たちも、2020に向かって様々なことにチャレンジし、事業展開を加速してまいります。」
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本電信電話株式会社 >
  3. 錦織圭選手を2020へむけた広告キャラクターとして起用!