【完全組立済】出力品質がさらにUP!Wi-Fi機能、Raspberry Pi搭載、Webベースでパラメータ設定~プロ級3Dプリンター「Titan 2」が6月7日から受注開始~20日まで早割200ドル~

米国Kudo3D社(Kudo3D Inc.、本社:アメリカカリフォルニア州、社長:Dr. Tedd Syao)は本日、プロ仕様3Dプリンター Titan 1の続き、新製品となる「Titan 2」を発表しました。専用のvat、レジン等のツールが含むスターターパッケージの価格はUSD$3,488(約387,000円)。DIYでTitan 1をTitan 2に改造できるアップグレードキットも後日、発売予定です。Titan 2(タイタン2)は、6月7日(日本時間)より Kudo3D公式サイトで受注開始します。6月20日までに発注するお客様には200ドルの割引があります。出荷予定は7月上旬からです。
特長
<印刷速度と品質の向上> 

 

新製品「Titan 2」は、同社製従来品、クラウドファンディングKickStarterでたった2分間で目標達成、37万ドルも獲得したTitan 1を凌ぐ印刷速度と解像度を備えつつ、より高い作業性を持つDLP方式SLA(光造形)3Dプリンターを目指し開発しました。

 

 今までのTitan 1と同様、Titan 2は最大XY軸解像度37μm、最小積層ピッチ5μm、髪よりも細いデテールも出力できます。特許出願中の受動自己剥離技術(PSP)を用いたレジン容器(vat)と、設計変更した大型ビルドプラットフォームで、硬化された積層とレジンの間の分離力をさらに下げられ、印刷速度を上げています。プリント出力品がもっと、滑らかに仕上げます。



<制御PC不要、Wi-Fiで接続>

 

 ハードウェアのほか、Kudo3Dは制御ソフトも一新し、従来のTitan 1ソフトよりも使いやすく改善しました。

 ユーザーからのご要望が高く、Titan 2はWi-Fi接続で、タブレットまたはスマートフォンでパラメータの設定と変更が可能になりました。また、Titan 2にはRaspberry Piが搭載されているので、出力中、PCとの接続は必要ありません。途中で出力停止の心配もございません。

 

 しかも、一つのデバイスで複数のTitan 2を接続し、制御できる為、大量生産に便利です。

<組立、校正と出力>
 Titan 2は、本体が完全組立済で、さらにXY軸解像度を50μmで事前に校正されています。出力前の手間が省き、電源ケーブル一本繋げば出力できます。

 


 また、37~100μmのXY軸解像度をより効率的に調整できますように、本体のケースに目盛が付けられています。

 

 不要な露光を抑える為、プロジェクターにシャッターを追加しました。積層を硬化させる時だけ、シャッターは自動的に開きます。ホコリや汚れからも守ってくれます。


<安心の日本語対応サポート>
 ホームページで日本語版取扱説明書を掲載する予定です。使い方などが分からない時にも直接にKudo3Dまで日本語でお問い合わせいただけます。 もちろん、校正時、使用中など困った際にもご対応いたします。


販売背景と目的
 低価格、発売当時世界最高解像度・最速プリント速度を誇り、KickStarterで大ヒットしたTitan 1は、正式発売以来世界中の大手企業や研究所から注目を集めています。

 ユーザーからのご意見を大切にし、印刷品質だけでなく、3Dプリンターをもっと楽しめるように、作業性をはじめ、いろいろな面から改善に工夫し、Titan 2を開発しました。

 Kudo3Dは今後、業界専用のプロ仕様3Dプリンター以外、初心者向けの3Dプリンターの開発にも力を注ぎます。日々進化している3Dプリント技術の楽しさを世界中に伝えます。


仕様
製品名 Titan 2(タイタン2)
スターターパッケージ価格 USD$3,488(約380,000円)
早割(6月7日~20日):USD$3,288 (約350,000円)
スターターパッケージ付属品 Kudo3D製レジン容器(vat)2個(ソフトシリコンとハードシリコン)、ビルドプラットフォーム2個(大型と小型)、3DM社製ABS樹脂(1㎏)、スターターキット
本体サイズと重量 41cm x 35cm x 85cm (奥行x幅x高さ)、13.5 kg
XY軸解像度 37μm ~ 100μm
最小積層ピッチ 5μm
最大造形サイズ 19.2cm x 10.8cm x 25.0cm (奥行 x 幅 x 高さ)
最大印刷速度 6.86 cm/ 時間
対応OS Windows, Mac, Linux
カバー色オプション エメラルド、ルビー

 

【Kudo3D社の概要】

社名: Kudo3D Inc.
アメリカ本社: 7020 Koll Center Parkway, Suite 146, Pleasanton, CA 94566, USA
台湾分社: 台湾新竹科学工業園区内
社長: Dr. Tedd Syao
設立: 2012年
事業内容: 3Dプリンターの開発販売、サポート、試作請負
主製品: 3Dプリンター
過去のお客様: アメリカ空軍、NASA、インテル社、オークリッジ国立研究所、MIT、イェール大学、ソウル大学校、シンガポール国立大学、台湾国立成功大学等
公式HP: http://www.kudo3d.com/?lang=ja
公式Facebook: https://www.facebook.com/Kudo3DJapan/
公式Instagram: https://www.instagram.com/kudo3d_japan/
公式Twitter: https://twitter.com/Kudo3Djapan


【本件に関するお問い合わせ先】
マーケティング/ 事業開発 Mandy LUI (日本語可)
Email:mandy.lui@kudo3d.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kudo3D Inc. >
  3. 【完全組立済】出力品質がさらにUP!Wi-Fi機能、Raspberry Pi搭載、Webベースでパラメータ設定~プロ級3Dプリンター「Titan 2」が6月7日から受注開始~20日まで早割200ドル~