東方経済フォーラム2016、プログラムを発表

「ロシア極東地域の再発見に向けて」をテーマに投資を誘致

 

2016年9月2~3日にロシアのウラジオストクにある極東連邦大学にて、東方経済フォーラム(Eastern Economic Forum)が開催されます。第2回目となる今回は「ロシア極東地域の再発見に向けて」をテーマとして、当地域のビジネスや投資機会を探る場を提供しています。当フォーラムには、ロシア大統領のウラジーミル・プーチンを始め、ロシア副首相権極東連邦管区大統領全権代表のユーリ・トルトネフなど、関連する各省大臣が出席を予定しています。

プログラム概要は下記の通りです。

【投資メリット】

投資先としての当地域の潜在力とビジネス環境を紹介します。運輸・流通、資源採掘、観光、土地活用についてもこのプログラムで取り上げます。

【投資家向けの優遇装置】
ロシア極東地域における投資活動への支援方法を、成功事例も交えながら紹介します。優先的発展区域およびウラジオストク自由港の活用方法、人材資源開発局、極東開発公社、投資誘致局のロシア極東地域への貢献についても討論します。また、ロシア国内外の投資家向けに、実施準備の整っている投資プロジェクトに関するプレゼンテーションも予定されています。

【アジア太平洋地域への統合】
ロシア極東連邦管区とアジア太平洋地域諸国間における協力体制という観点から、共同プロジェクトや政策案に基づく経済協力を検討します。ロシア極東地域の競争力、外国資本のロシアへの誘致、エネルギーや運輸における国際協力が取り上げられます。

【ビジネス対話】
露中、露韓、ロシア・東南アジア諸国連合(ASEAN)間によるビジネス観点の討論を行います。また、露日フォーラムも予定されています。 

【戦略セッション】
参加者は、立法および執行機関の代表者とロシア極東地域の将来性、優先的発展区域における公的機関と民間企業間のパートナーシップ構築について討論する機会があります。尚、当ブロックは招待制です。

【ロシア極東の促進開発を目指す新構想の紹介】
「沿海1号」と「沿海2号」輸送回廊、沿海州カジノ特区、露中農業発展基金、ウラジオストク・ダイヤモンド・センターについて紹介します。

【フォーラム枠内の行事】
ロシア極東地域および中国北東地域の両知事によるフォーラム、連邦機関代表者によるロシア極東開発問題を巡る会合、「東方のベクター」諮問委員会会議、ロシア・ASEANの大学サミット、APEC教育会議、ロシア・中国投資協力委員会会議がプログラムとして開催が予定されています。

ロシア連邦大統領顧問兼東方経済フォーラム運営委員会事務局長であるアントン・コビャコフは次のように述べています。「第2回東方経済フォーラムでは、ロシア極東地域の潜在能力を推進する仕組みとアジア太平洋諸国の経済との統合化から得た最初の成果を確認出来ます。そしてそこから的確に修正点を見出し、ロシア極東地域発展の新しい方向性が生まれるでしょう。」

日本語のプログラムはこちらからご覧頂けます:
http://forumvostok.ru/wp-content/uploads/2016/05/EEFArchitecture_Jp_v11.pdf

当フォーラムの公式ウェブサイトはこちらからご覧頂けます:
http://forumvostok.ru/en/main-page/

尚、東方経済フォーラム2016の運営はロスコングレス基金が行っています。


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. The Roscongress Foundation >
  3. 東方経済フォーラム2016、プログラムを発表