「痴漢抑止バッジデザインコンテスト2016」授賞式のご案内

学生が、デザインの力で社会を変える!

一般社団法人 痴漢抑止活動センター(所在:大阪市中央区、代表:松永 弥生)は、痴漢被害者の高校生と母親が考案した痴漢抑止バッジの新たなデザインを「痴漢抑止バッジデザインコンテスト2016」で公募いたしました。この度、最終選考を経て新デザイン5作品が決定しましたので、11月3日(木・祝)あべのハルカス近鉄本店 ウイング館8階街ステーションにて、授賞式を開催いたします。

 

同コンテストは、痴漢被害にあい悩み続けた一人の女子高校生のアイデアを学生が共有し、普及させていく取り組みです。今年度は、2016年8月1日より、痴漢抑止効果のあるバッジデザインを募集しました。全国の学生から79作品の応募があり、松蔭高等学校(兵庫県神戸市灘区)、芦屋学園高等学校(兵庫県芦屋市)の生徒会のご協力を得て、1次審査通過作品12点を選定いたしました。


1次審査通過作品を10月5~25日まで、あべのハルカス ウォールギャラリーに展示。ギャラリー来場者とネットでの人気投票を行いました。投票結果を参考に、痴漢抑止バッジデザインコンテスト委員会にて、受賞作を決定いたしました。

今回、賞を受賞した5作品は、1月に製品化いたします。公式サイト「立ちあがれ、JK! -痴漢抑止バッジ-」でネット通販するほか、店舗での販売も視野に入れ販売代理店を募集いたします。

つきましては、ご多忙な中、誠に恐れ入りますが、発表会へのご取材につきましてご検討いただけますよう何卒お願い申し上げます。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 痴漢抑止活動センター >
  3. 「痴漢抑止バッジデザインコンテスト2016」授賞式のご案内