訪日インバウンド向けNo.1アプリ『GoJapan(去日本)』、世界最大級の中国越境ECプラットフォーム 『豌豆公主(ワンドウ)』と業務提携

~旅アトも気軽に日本のショッピング体験を~

訪日インバウンド向けNo.1アプリ『GoJapan(去日本)』を運営する株式会社ゴージャパン(本社:
東京都渋谷区、代表取締役社長:劉 璐、以下「当社」)と、世界最大級の中国越境ECプラットフォーム『豌豆公主(ワンドウ、以下ワンドウ)』を運営するInagora(インアゴーラ)株式会社(本社:東京都港区代表取締役:翁 永飆、以下「インアゴーラ」)は『GoJapan(去日本)』アプリを利用する訪日中国人観光客に旅行中(旅ナカ)だけでなく旅行後(旅アト)も日本のショッピングを気軽に楽しんでもらうことを目的に業務提携し2016年10月より本格稼働を開始いたしました。

本提携により、『GoJapan(去日本)』アプリを利用するユーザーは当アプリを通じてワンドウで取り扱うすべての商品を購入することが可能になります。これにより日本への旅行後、いわゆる旅アトのユーザーに対してもアプリの利用を促すことが出来るようになりました。またGoJapanを利用するユーザーをワンドウに送客することにより、双方のサービスのさらなる活性化が期待できます。当社は今後も様々な形で訪日中国人観光客のお客様をサポートする環境づくりや取り組みを検討していく予定です。

■『豌豆公主(ワンドウ)』について 2015年8月のリリース以来、ユーザー数は約100万、1日の最高注文数は5000件を突破し、花畑牧場や源 吉兆庵、HACCI等と中国における独占代理権を有しております。取扱商品数は3000SKUを超え、ファッションや美容化粧品から日用品、食品など多岐にわたったジャンルの商品を取り揃えております (2016年6月時点) 。
豌豆公主(ワンドウ):http://www.wandougongzhu.cn/

■『GoJapan(去日本)』について 『GoJapan(去日本)』は、2015年10月に正式リリースし、ユーザー数は早くも*500,000超の訪日中国人旅行客向けのNo.1アプリです。日本国内の情報を、グルメ、ショッピング、観光、宿泊 施設、生活、娯楽などのカテゴリーに分けて見やすく掲載しています。旅行前(旅マエ)の情報収集、旅行中(旅ナカ)の周辺検索、旅行後(旅アト)の情報共有までをカバーする機能があり使いやすく設 計されているため、現在でもユーザーが増え続けています。また、中国本土からだけではなく台湾や香港の旅行者の利用も多くみられます。
GoJapan(去日本):https://www.go-japan.co.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. GoJapan Inc >
  3. 訪日インバウンド向けNo.1アプリ『GoJapan(去日本)』、世界最大級の中国越境ECプラットフォーム 『豌豆公主(ワンドウ)』と業務提携