イルカの医療、繁殖研究に関する「つくみイルカ研究シンポジウム」を2017年1月13日に開催

官民学連携による日本初の「イルカの医療・繁殖研究シンポジウム」いよいよ始動!

株式会社マリーンパレス 津久見イルカ島
イルカの医療、繁殖研究に関する「つくみイルカ研究シンポジウム」を開催


 

大分県津久見市のうみたま体験パーク「つくみイルカ島」
(本社:大分市 株式会社マリーンパレス 代表取締役 橋本均)は、来る2017年1月13日に、官民学が一体となったイルカの医療、繁殖に関する研究シンポジウムを開催いたします。
http://tsukumi-dolphin-symposium.com

世界的にイルカ捕獲が問題化するなかイルカに関する医療、繁殖の研究ノウハウを共有化し現存施設の飼育個体に対するより充実したケアと繁殖に貢献できる情報提供をする事を目的とします。

これまで、イルカの飼育方法に関する様々な取り組みはありましたが、医療や繁殖にスポットをあて且つ、自治体、大学、研究者と連携した取り組みは全国的にも初の試みになると思います。

従来から、「つくみイルカ島」は株式会社マリーンパレスの水族館「うみたまご」の飼育バックアップ施設として、一般の方々への体験型エンターテイメントと飼育研究を兼ね備えた展開を行って来ましたが、各大学の研究者や全国水族館との連携を強化し、自然の海を利用した施設という利点を生かしながらさらなる研究ノウハウの集まる拠点作りを目指します。

また、拠点である津久見市、大分県からのバックアップを受けながら、エンターテイメントコンテンツの充実化をはかり、入館数や研究視察人口の増加等、津久見市の地域活性にも相乗効果を生む事も視野に入れ活動をいたします。

 


うみたまご、つくみイルカ島の田中館長は、「エンターテイメント、学術研究、地域活性」を一体とした社会貢献にチャレンジし、動物の命と子供たちへの未来を守る取り組みになる事を目標に掲げています。




今後は、研究に向けた継続開催や充実化に向けて事務局を窓口に、自治体、大学、協賛企業や協力団体などへの働きかけも行って行きます。


【開催概要】
● 日時:2017年1月13日(金)
● 時間:13:00〜19:30(12:30受付開始 / 17:30~19:30 懇親会) 
● 場所:大分県津久見市津久見浦3825-10 津久見市民会館 第二会議室(2F)
● 参加費:1部 シンポジウム 無料 2部 懇親会 会費制(学生¥3000円 一般¥5000円)
● 定員 40名(人数が多い場合は抽選になる可能性があります)
● 詳細とお申込は下記URLからお願いします。
詳細 http://tsukumi-dolphin-symposium.com
お問合せお申込 http://tsukumi-dolphin-symposium.com/otoiawase.html

【基調講演・研究発表者】
※基調講演
● 内田詮三 / 沖縄美ら海水族館 名誉館長(農学博士)
※研究発表
● 永延 清和 / 宮崎大学農学部教授(獣医学博士)
● 落合 真理 / 愛媛大学沿岸環境科学研究センター(理学博士)
● 清水 慶子 / 岡山理科大学理学部動物学科教授(農学博士)
● 瀬川 太雄 / 日本大学生物資源学部動物医科学研究センター(獣医学博士)

◆株式会社マリーンパレス 概要
社名 :株式会社マリーンパレス
代表者: 代表取締役社長 橋本 均
設立 :1964年3月16日
所在地:〒870-0802 大分市大字神崎字ウト3078番地の22
事業内容:大分マリーンパレス水族館「うみたまご」経営
             https://www.umitamago.jp/
            うみたま体験パーク「つくみイルカ島」運営
            http://www.tsukumi-irukajima.jp/
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マリーンパレス うみたま体験パーク「つくみイルカ島」 >
  3. イルカの医療、繁殖研究に関する「つくみイルカ研究シンポジウム」を2017年1月13日に開催