LINEでクレジットカード明細や複数枚の領収書・レシートを1画像にまとめて送付するだけで経費精算が可能に

LINEで領収書・レシート写真を送るだけで経費精算用データに自動で変換。経費精算にかかる時間を飛躍的に短縮。電子帳簿保存法に準拠形、その場で領収書・レシートを破棄していただいてもOKです。

仕事中に発生する経費、経費精算をしなくてはいけないのはわかっているけど普段の業務が忙しくていつも期限日直前に処理をしているという方におすすめ。レシートローラーでは領収書・レシートを手に持った瞬間にLINEから写真で送ると月末にまとめて経費データとして受けることができます。
レシートローラー・RECEIPTROLLER(運用会社:株式会社セブンスデータ 本社:長野県長野市、代表取締役下田ももこ、以下レシートローラー)は2021年06月18日より、複数の領収書レシートを1枚の写真にして送信するだけで経費データにする機能を提供開始したことをお知らせいたします。

この機能が追加されたことで、1枚の写真に複数枚の領収書レシートを処理することが可能になっただけでなく、クレジットカードの明細のように1枚に複数の取引履歴が記載されているものでも経費処理が可能となりました。 

この機能によって対応範囲も広がることながら、経費処理の時間を飛躍的に向上することができます。1枚づつ写真を撮っていたところ、複数枚まとめて写真に収め撮影していただければ1度に複数処理をすることができます。

複数枚領収書レシートの処理



カード明細での処理
 

 

レシートローラー
レシートローラーは経費処理の時間を飛躍的に短くするサービスです。 レシートローラーのオフィシャルアカウントをLINE友達登録後、経費の証拠となる領収書やレシートの写真を撮って送ると、領収書・レシートを電子化し経費項目を追加いたします。 LINEのリッチメニュー(または規定のテキスト文字)から経費データをリクエストすると、登録されているメールに月毎の経費データをCSVにて受け取ることができます。

レシートローラでは、領収書・レシートを電子化し経費精算業務を効率化するためサービス開発を進めていきます。ユーザー様からいただいた、「こんなことができたら便利」を聞き入れ、サービス開発を進めていく次第です。

下記QRコードをスキャンするとLINEの友達追加がされ、無料でご利用いただけます。

下記のリンクからも同様、LINEの友達追加がされ、無料でご利用いただけます。
https://lin.ee/l7CftOu

サービス開発の背景
2020年10月に電子帳簿保存法の改正があり、紙の領収書またはレシートの写真データのみで会計データとして認められるようになりました。普段利用しているLINEから手軽に写真を送信するだけで面倒な電子化と経費項目の付与をすることができます。面倒な経費処理もその場で領収書・レシートの写真を撮って送信すれば、月末にまとめるなどの作業をする必要がなくなります。

また、無駄な紙処理を省くだけでなく紙資源も守られるサステイナブルなサービスを目指しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社セブンスデータ >
  3. LINEでクレジットカード明細や複数枚の領収書・レシートを1画像にまとめて送付するだけで経費精算が可能に