とんこつラーメン専門店 博多三氣瑞穂店 11月リニューアルオープン

『ラーメンが走る』博多の屋台と祭りをテーマにした体感型ラーメン店。日本で2番目でもいいんです。世界初ですから。

元祖替玉10円とんこつラーメン専門店博多三氣を運営する株式会社博多三氣(岩本志郎社長、本社福岡市)が、関東1号店の博多三氣瑞穂店を11月22日日午前11時 リニューアルオープンにすると発表しました。

カウンター席カウンター席

 

 

『ラーメンが走る!?』
11月22日に博多三氣 瑞穂店(東京都西多摩郡瑞穂町)がリニューアルオープンします。
場所は新青梅街道沿いで、ジョイフル本田 瑞穂店近く。

今回の改装の目玉はレーンシステムです。回転寿司と同じしくみのレーンがラーメンのスープを溢すことな
く、厨房から客席へ運びます。
カウンターだけでなく、テーブル席、お座敷すべての客席がレーン化されたラーメン店は世界初です。
さらに客席のタブレット端末で注文後、ラーメンは博多祇園山笠の山車に見立てたトレーが追い山の動画に
合わせて届く様子はまさにラーメンが走ってくるような祭りの臨場感を味わえます。
博多三氣の名物は、福岡県産ラーメン専用小麦 ラー麦100%の自家製麺と老若男女を問わず楽しめるあっ
さりスープ。さらに、替玉は何玉でも10円(年末年始特定期間除く)。
一般的に麺は、コスト面と麺づくりの難しさから、外国産小麦を利用するラーメン店が多い中、あえてコス
トの高い国産小麦のみにこだわるのは、国内の農業の活性化に貢献したいという思いと、遺伝子組み換えや
残留農薬の心配がない食材で安心して食べてもらいたいという2つの思いからです。
麺、スープ、チャーシュー、ねぎ、餃子などほとんどの食材を福岡から直送することにより、福岡の店舗と
全く同じ味を再現しています。
店内は博多の祭り 「博多祇園山笠」、「博多どんたくみなと祭り」をモチーフに、屋台を彷彿とさせるカ
ウンターで、博多の街の魅力を楽しみながら、ラーメンを食べることができます。


リニューアルの背景
外食産業をとりまく人材不足は深刻化しています。
さらに少子高齢化により労働人口の減少は避けて通れない問題です。
機械化をすすめながらも日本の文化やおもてなしを忘れないシステムを構築することはできないか?
今回はその第一歩であると考えております。
今後は採用の難しい地域の店舗から順次改装する計画です。

博多三氣 瑞穂店
東京都西多摩郡瑞穂町殿ヶ谷824-18
営業時間 11:00~22:00 os: 21:30
客席数 58席
駐車場 24台
JR八高線 箱根ヶ崎駅より徒歩15分
立川バス 殿ヶ谷バス停より徒歩5分

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社博多三氣 >
  3. とんこつラーメン専門店 博多三氣瑞穂店 11月リニューアルオープン