【新作アプリ】中1前半までの英語を先取りできる「プリトレ小学英語」登場!

ゲームを楽しみながら、小学生が中1前半までの英単語・文法をマスターできる! 小学校での「英語教科化」への備えにぴったり。

教育機関に各種コンテンツ・ソリューションを提供する株式会社エデュケーショナルネットワークでは、小学生向け英語学習アプリ「プリトレ小学英語」を発売。2017年4月末日まで「発売記念キャンペーン」を実施いたします。

 

 

 


 

  • 小学校での「英語教科化」に備え、中学1年前半までの英語を先取り!
  • 約400の単語&中1前半までの文法をマスター!
  • 自分だけの街づくりを楽しみながら学べる!
  • アプリ内課金なし! データ引き継ぎ機能も。


◆発売記念キャンペーン実施中◆
定価360円→240円(2017年4月末まで)
※ご購入はApp Store、Google Playストアにて


【商品紹介WEBサイト】
http://www.edu-network.jp/puritore/
 

1.役立つ!【中学1年前半までの英語を先取り学習!】
小学校での「英語教科化」はもうすぐ。
早いところでは2018年度から、小学5・6年生で英語が通知表に載る学校も出てきます。
『プリトレ小学英語』は小学5・6年生を主な対象としたドリル型英語学習アプリ。
約400の単語と中学1年前半までの主な文法を、アプリで徹底トレーニングします!

約400の単語と中1前半までの文法をステップアップしながら学べる約400の単語と中1前半までの文法をステップアップしながら学べる

文法の基礎をわかりやすく解説するコーナーも。文法の基礎をわかりやすく解説するコーナーも。

2.身につく!【「手書き問題」や時間制限付きの問題で、しっかり身につく】

テーマ別にわかれた全25単元の構成。たとえば「学校の教科」がテーマなら、
「社会」「体育」「時間割」など、ふだんの生活に欠かせない言葉を学びます。
文法は、動詞や疑問文を中心に基礎固め。
問題はクイズ形式で出題されますが、「手書き問題」や時間制限付きの問題もあるので、
しっかり力が身につきます。

問題はクイズ形式で出題。時間制限も。問題はクイズ形式で出題。時間制限も。

 

「手書き問題」もあるので、しっかり力が身につく。「手書き問題」もあるので、しっかり力が身につく。


3.楽しめる!【自分だけの街づくりを楽しみながら学べる!】

問題にチャレンジすることでもらえるコインを使って、自分だけの「My Town」が作れます。
勉強すればするほどコインがたまり、いろいろな建物を建てて街を発展させることができます。
街の発展につれて、秘密のイベントも発生。ゲームを励みに、どんどん学習が進みます!

 

街が発展することでレベルもアップ。街が発展することでレベルもアップ。

街がレベルアップすれば、建てられる建物の種類も増え、秘密のイベントも。街がレベルアップすれば、建てられる建物の種類も増え、秘密のイベントも。


【ご案内動画】
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エデュケーショナルネットワーク >
  3. 【新作アプリ】中1前半までの英語を先取りできる「プリトレ小学英語」登場!