親子で体験!アート・カルチャー防災イベント 「いけぶくろ防災フェスタ2017」 防災を身近に、家族みんなで楽しく学ぼう!

【日時】3月8日(水)11:00~18:00【実施場所】サンシャインシティ 噴水広場

 東池袋の造幣局跡地に防災公園を整備するなどまちづくりを進める独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)と、防災啓発活動「トクする!防災」プロジェクト※を展開している一般財団法人日本気象協会は、「いけぶくろ防災フェスタ2017」を3月8日(水)にサンシャインシティ 噴水広場にて開催いたします。
 「いけぶくろ防災フェスタ2017」は、芸術・文化の多様な魅力が溢れる池袋で、まちづくりとともに防災についてもっと身近に、もっとわかりやすく家族みんなで楽しく学べるイベントです。主催団体が展示するブースや、市民参加型の体験イベント(イザ!カエルキャラバン!)など盛りだくさんのプログラムを予定しています。また、会場内でプログラムに参加しスタンプを4つ集めると、ガラポン抽選ですてきなプレゼントがもらえます。


※「トクする!防災」プロジェクトとは
「トクする!防災」プロジェクトは、日本気象協会が推進する、“必要だとは思っているけれど、なかなか実践できない防災アクション”に対し、ちょっとしたおトク感や気軽さをプラスする取り組みです。日頃から防災対策への興味・関心を高め、最終的に自分や家族の身を守ることができる備えをしながら、安心につなげていくことを目指しています。

 


<イベント概要>
「いけぶくろ防災フェスタ2017」
【日時】3月8日(水) 11:00~18:00
【実施場所】サンシャインシティ噴水広場
      (東京都豊島区東池袋3丁目1番1号)
【主援】一般財団法人日本気象協会、UR都市機構
【後援】豊島区




【実施プログラム】 ※プログラム内容は当日急遽変更となる可能性がございます。

◆主催者プログラム
・UR都市機構:防災公園の使い方に関する参加型ワークショップ(造幣局地区を対象)
        紙芝居「みんなの公園(仮題)」
・一般財団法人日本気象協会:防災アプリ「わが家の防災ナビ」の紹介、アンケート
              防災クイズ


◆「トクする!防災」協賛企業プログラム及びプレゼント
・井村屋株式会社:「えいようかん」等の試食体験、販売
・アルファー食品株式会社:アルファー化米等の試食体験
・ビクトリノックス・ジャパン株式会社:マルチツールを活用したミニワークショップ
・コールマンジャパン株式会社:「タフドーム」等の展示
・FDK株式会社:富士通アルカリ乾電池をプレゼント※
・株式会社明治:「明治ほほえみキューブ」や「メイバランス」をプレゼント※
  ※プログラムに参加しスタンプを4つ集めると、抽選でもらえます
 

 

◆イザ!カエルキャラバン!プログラム


①ジャッキアップゲーム
なまず人形の下敷きになってしまったカエル人形を、
ジャッキを使って救出します。


 

 

 

②防災人形劇 「おたま劇場」
オタマジャクシとカエルの人形劇を披露し、
小さな子どもにも親しみやすく防災の知識と知恵を伝えます。
シナリオは、池袋バージョンをスタッフみんなで考えました。


 

 

 

③紙食器づくり
チラシや新聞紙を折って紙食器をつくります。
水が不足する避難生活の食事で役立ちます。




 


④持ち出し品なぁに?クイズ
災害時に備え各家庭で用意してほしい非常持ち出し品を覚える
暗記クイズです。

 

 



◆ツクモル by Toshimaプログラム


オリジナルデコホイッスルづくり

 

ホイッスルは防災のみならず防犯にも役立つグッズ。そんなホイッスルにシールを貼って、どうぶつや面白いキャラクターなどにデコレーションします。ハギレを使ったファブリックロープも一緒に作って通せば、ホイッスルのストラップやネックレスの完成です。




【実施団体概要】

 

<UR都市機構>





 UR都市機構は、民間事業者や地方公共団体と協力し、都市の国際競争力強化や地方都市の活性化、密集市街地の整備改善など、政策的意義の高い事業の実施により、都市再生の推進を図っています。
 池袋においても、防災公園と周辺市街地の一体的な整備(防災公園街区整備事業)や、防災性向上や住環境改善等による安心・安全のまちづくりとして、様々 な制度・手法を組み合わせて行う密集市街地の再生・整備(密集市街地整備事業)といった具体的なプロジェクトに取組んでいます。


<日本気象協会>

 







 1950年に誕生した日本気象協会は、天気予報に代表される気象予測事業に加え、再生可能エネルギー、環境アセスメント、大気解析事業、防災・減災・安全管理に関する事業など、気象に関するコンサルティング事業を通じ、公共に資する企業活動を展開しています。

 

 

<イザ!カエルキャラバン!>









 「イザ!カエルキャラバン!」は、NPO法人プラス・アーツが開発した震災時に必要な知恵や技を、家族で楽しみながら学べる新しいカタチの防災訓練です。2005年、阪神・淡路大震災の教訓を子どもたちに伝えるために開発され、現在、さまざまな企業や団体の手によって全国各地で開催されています。
 ※今回は、子どもも大人も楽しめるよう、「スタンプラリー形式」の特別バージョンで実施します。


<ツクモル by Toshima>








 ツクモル by Toshimaとは「ものづくり」で災害と関わることを目指す団体ツクモルと、女性にやさしいまちづくりを推進する豊島区とが一緒になって取り組んでいるプロジェクトです。
 女性や親子の視点を取り入れた「災害に役立つグッズ」の制作や、気軽に参加できる防災ワークショップの開催、区内のイベントへの出展、また豊島区在住の女性クリエイターとのコラボレーションを行うことで、豊島区の女性がもっと「防災」とカジュアルに向き合える、そんな場を作っていきます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 独立行政法人都市再生機構 >
  3. 親子で体験!アート・カルチャー防災イベント 「いけぶくろ防災フェスタ2017」 防災を身近に、家族みんなで楽しく学ぼう!