シネマサンシャイン姶良が4/22(土)グランドオープン(4/20プレオープン)

次世代の体感型アトラクションシアター「4DX®」が鹿児島県に初上陸!

ロビーイメージロビーイメージ

佐々木興業株式会社(本社:東京都豊島区/社長:佐々木伸一)は、鹿児島県姶良市の大型商業施設「イオンタウン姶良」に九州地方初となる国内14サイト目のシネマコンプレックスとして「シネマサンシャイン姶良」(9スクリーン・1,288席/うち車椅子席16席)を4/22(土)にグランドオープンします。また、日本初の「4K・9Pレーザープロジェクションシステム」と3D音響システム「GDC featuring dts-X™」を備えた次世代の映画館フォーマット「BESTIA(ベスティア)」と鹿児島県初となる体感型アトラクションシアター「4DX®」を導入します。 

■「BESTIA(ベスティア)」(301席)
「4K・9Pレーザープロジェクションシステム」と3D音響システム「GDC featuring dts-X™」を一体化することで観客がまるで映画の中に入ったような感覚を生み出します。

①4K・9P・レーザープロジェクションシステム
圧倒的な明るさ、コントラスト比、色域があるので、通常のプロジェクターと比べて圧倒的に鮮明でリアルな映像を映し出します。

②3D音響システム「GDC featuring dts-X™」
DTS:X™はチャンネルだけでなく、オブジェクトをベースにしたオーディオフォーマットです。爆発音、車のクラクションなど映画のサウンドエフェクトがチャンネルの制限ないオブジェクトとして出力され、縦横無尽に動き回るような新次元サラウンド体験を実現可能にしました。


■体感型アトラクションシアター「4DX®」(92席)

鹿児島県初上陸。シネマサンシャインとしては5シアター目、全国のシネマコンプレックスでは50番目の導入となります。前後左右・上下に動くモーションシート、水・風・香り・フラッシュ・煙・熱風などさまざまなエフェクトが映画のシーンとリアルタイムかつダイナミックに連動する体感型アトラクションシアターです。

 

「ワイルド・スピード ICE BREAK」「ワイルド・スピード ICE BREAK」

[4DX®対応公開予定作品]
4/20より「ゴースト・イン・ザ・シェル」(東和ピクチャーズ配給)
4/21公開「美女と野獣」(ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン配給)
4/28公開「ワイルド・スピード ICE BREAK」(東宝東和配給)
5/12公開「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」(ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン配給)
 

 

 

■ロビー内ARシステム
ロビーには巨大なエントランスサイネージ(5m×3m)が設置され、迫力ある映像をお届けします。さらにエントランス空間の様子を映しだし、そこに様々なビジュアルがリアルタイムに合成されるARシステムが導入されます。SF・ホラー・ロマンス・アドベンチャーなど映画にまつわるモチーフを中心に様々な仕掛けで訪れたお客様をお迎えします。
 

ARイメージARイメージ

■施設概要
名 称:シネマサンシャイン姶良
所在地:鹿児島県姶良市東餅田336 イオンタウン姶良(東街区)3F
開業日:2017年4月22日(土)グランドオープン ※4月20日(木)プレオープン
スクリーン数:9スクリーン
座席数:1,288席(内車椅子席16席)
劇場URL:http://www.cinemasunshine.co.jp/theater/aira/(3/25オープン予定)

『美女と野獣』©2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved./『ワイルド・スピード ICE BREAK』©Universal Pictures/『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』©Marvel Studios 2017

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. 佐々木興業株式会社
  3. シネマサンシャイン姶良が4/22(土)グランドオープン(4/20プレオープン)