メラノックス、100ギガビットのオープンEthernetスイッチ「Spectrum」を日本で本格出荷

● 日本法人のジェネラルマネージャーに西尾則子が就任 ● 2020 年東京オリンピックによる需要増に向け、日本企業とのパートナーシップ強化へ

東京、2017年4月20日-データセンター向けオープンEthernet及びInifibandインターコネクトソリューションを提供するトップベンダーMellanox Technologies(以下「Mellanox」)の日本法人であるメラノックス テクノロジーズ ジャパン株式会社(以下「メラノックス」)は本日、10/25/40/50/100ギガビットのオープンEthernetスイッチ「Spectrum™(スペクトラム)」をこのたび日本市場で本格的に出荷することをお知らせします。Spectrumスイッチは、6.4Tb/sのスイッチング機能を備え、競合製品との比較で4倍の47.7億ppsの転送速度、7分の1にあたる300nsの低レイテンシ、半分の消費電力を実現しています。これによって、データセンターは最新のアプリケーションに対応できるようデータスピードを高速化すると同時に、データセンターの総所有コストを削減できます。Spectrumは、クラウドやWeb2.0、ストレージ、データベースおよび機械学習アプリケーションにとって最も効率の良いソリューションです。 

また、メラノックスはマルチコアプロセッサ「Bluefield」を2017年下半期に出荷開始いたします。「Bluefield」は、高度に統合されたシステムオンチップ(SoC)で、NVMeベースのストレージシステムやNFV、セキュリティシステム、機械学習、組み込み機器向けに最適化されています。BluefieldはMellanox ConnectX®インターコネクトとARMプロセッサアーキテクチャをシングルデバイスに統合しており、ソフトウェア開発者はオープンコミュニティ上の幅広いARMエコシステムとソフトウェアを活用することができます。 

Mellanox Technologiesの社長兼最高経営責任者(CEO)エヤル・ワルドマンは次のように述べています。「今日の世界において、情報資源へのアクセススピードは競争上の優位点となります。データセンターにメラノックスのソリューションを実装することにより、今日の動きの速いデジタルサービスの時代においてビジネスの競争力を向上させる強固な基盤を構築するのに役立ちます」 

日本における事業
また、2017年4月、メラノックス テクノロジーズ ジャパン株式会社 ジェネラルマネージャー兼社長に西尾則子が就任いたしました。西尾はネットワーク、ストレージ、ソフトウエア部門で培った20年近くに亘る知見と経験を活かし、メラノックスのインネットワークコンピューティングソリューションの日本展開を指揮します。 

西尾は次のように述べています。「メラノックスのソリューションは、今日、そして将来のデータセンターを構築するための鍵となります。インターコネクトはデータセンターの核であり、増加するデータの移動や分析を可能にします。私たちの将来も企業の成功も、収集するデータをいかに効率的に分析できるかどうかにかかっています」

メラノックスでは今後、日本企業との協力関係をさらに強化し、AIやクラウド、ビッグデータ、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)向けテクノロジーを実現していく予定です。メラノックスのソリューションは現時点で、8K映像をサポートし2020 年の東京オリンピックの需要に対応できる唯一のソリューションです。今後、国内においてより多くのデータセンターマネージャーやユーザーと密に協力し、次世代のコンピューティングやストレージプラットフォームの実現に取り組んでいきます。

ソリューション採用実績
Mellanoxのソリューションは最高のデータセンターROIを提供し、グローバル銀行の上位6行中5行、ハイパースケール企業の上位10社中9社、石油・ガス企業の上位10社中9社、製薬企業上位5社中3社、自動車メーカーについてはトヨタ、ホンダ、日産をはじめとする世界の大手10社の全てがメラノックスのソリューションを採用しています。

またMellanoxのソリューションはNetflixのコンテンツ配信、Facebookによる最も効率的なオープン・コンピュート・プロジェクト(OCP)ソリューションの構築、PayPal、バイドゥ、テンセントを始めとする多数の企業による業界最先端の機械学習プラットフォームの設計を実現しています。 

また日本でも多数の有力企業・組織に採用されており、日本原子力研究開発機構、サイバーエージェント、東京大学を始めとする多くの組織が、メラノックスのインターコネクトソリューションを活用し高度な研究開発やサービスを実現させています。

メラノックスはEthernetとInfiniBandのEnd-to-Endの相互接続ソリューションのリーディング・プロバイダーとして、10Gb/s から200Gb/sまでの総合的なソリューションを提供しています。メラノックスは現在、25Gb/s以上の高速Ethernet市場で90%のシェアを占めており、Ethernetアダプタは1四半期あたり数十万台を出荷しています。

初の大規模カスタマーイベント開催
またMellanox は本日4月20日、ニューヨーク、モスクワ、北京、ニューデリーに続き、初の東京開催となるカスタマーおよびパートナー向けイベント「The Spectrum」を開催し、Spectrum EthernetスイッチとBlueFieldコプロセッサをご紹介いたします。同イベントでは、株式会社ブロードバンドタワー代表取締役会長兼社長CEOの藤原洋氏を始め4名のゲストスピーカーを迎え、パネルディスカッションなどを行う予定です。

日本のパートナー企業からのエンドースメント

株式会社ネットワールド 代表取締役社長 森田晶一 様

「ネットワールドは、メラノックス社の新製品『Spectrum』の本格出荷と、新ジェネラルマネージャーご就任を、心より歓迎いたします。ITインフラのデータスピードへの要求がますます強まる中、他に類を見ない高速化技術を持つイノベーション企業であるメラノックス社に、今後も大いに期待しています。」

株式会社マクニカアルティマカンパニー カンパニープレジデント 小林雄祐 様 

「この度のMellanox Technologies ジャパン ジェネラルマネージャーへの西尾則子様のご就任、及び、『The Spectrum』の開催を心より嬉しく思います。マクニカグループの10年以上に渡るMellanox社のEthernet、及びInfiniBandによるエンドトゥエンドソリューションの国内、海外での販売、技術サポート実績を活かし、今後もより一層お客様へのサービス向上に努めてまいりたいと考えております。」 

サーヴァンツインターナショナル株式会社 代表取締役社長 古田雅一 様

 「西尾様のご着任並びに『The Spectrum』イベントの初の東京開催に心からお祝い申し上げます。SpectrumスイッチおよびBluefiledプロセッサの国内本格出荷開始による益々のご発展を楽しみしております。」 

東京エレクトロンデバイス株式会社取締役執行役員常務CNカンパニープレジデント 上小川昭浩 様

 「このたびの『Spectrum』の日本市場投入をを心より歓迎いたします。『Spectrum』は強固なICTインフラ基盤の構築を実現し、先進的なお客様の需要に応えるソリューションであると確信しており、当社はMellanox社と連携強化のもと、お客様の事業強化の一躍をご支援すべく尽力してまいります。」 

<メラノックス テクノロジーズについて>
メラノックステクノロジーズ社(NASDAQ: MLNX)は、サーバやストレージを対象にInfiniBandならびにEthernetのエンドトゥエンドインターコネクトソリューションを提供するリーディングカンパニーです。メラノックス社の製品により、最高のスループット、最小のレイテンシーが提供され、データセンターの効率性が向上します。また、アプリケーションにデータが高速に伝達されるため、システムのパフォーマンスを最大限向上させることができます。メラノックスは、アダプタ、スイッチ、ソフトウェア、ケーブル、シリコンといった高速インターコネクト製品を提供しており、これらの製品により、アプリケーションのパフォーマンスが向上し、HPC、データセンター、Web 2.0、クラウド、ストレージや金融といったさまざまな市場において業績を最大化する一翼を担っています。1999年に設立されたメラノックステクノロジーズは、米国カリフォルニア州サニーベール、およびイスラエルのヨークナムに本社を構えています。http://www.mellanox.co.jp/index.html
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. メラノックステクノロジーズ
  3. メラノックス、100ギガビットのオープンEthernetスイッチ「Spectrum」を日本で本格出荷