写真の売買で世界から貧困をなくそう!越境型応援プラットフォーム「COW」(カウ)初版リリースのお知らせ

開発途上国のBOP層において、急速な普及を続けている移動通信に注目し、写真データの売買を通じた収入機会を得てもらうためのプラットフォームアプリケーションを提供します。

カウ株式会社(本社 東京都中野区、代表取締役社長 大木大地)は、かねてより企画開発中のスマートフォンアプリ「COW」(カウ)を初版リリースいたしました。

【「COW」(カウ)概要】
開発途上国のBOP層において、急速な普及を続けている移動通信に注目し、写真データの売買を通じた収入機会を得てもらうためのプラットフォームアプリケーションを提供します。

売り手の生活する何気ないひとコマや原風景を撮影してもらい、アプリで売っていただく。そしてそれを先進国を中心としたユーザーが購入する。撮影した画像は2ドルから販売可能で、その2ドルの移転が積もることで、先進国からBOP層への富の再分配に繋がると考えております。

※BOP層とは…年間所得が3,000USドル以下の低所得層は「BOP」(Base of the Economic Pyramid)層と呼ばれ、開発途上国を中心に、世界人口の約7割を占めるとも言われています。

【概要図】


【特長】
  • 世界の若者をユーザーとして設定、世界の若者を応援できるアプリです。
  • スマホで撮影した写真を簡単に出品できます。
  • 写真の購入も簡単にできます。
  • 日本語、英語、クメール語(カンボジア語)に初回より対応。

【こんな方にオススメ】
  • 世界の若者たちと繋がりを持ちたい方。
  • 写真を買って応援したい方。
  • 写真を売って生活の足しにしたい方。

【手数料について】
  • 基本料金、月額料金、一切不要です。
  • 出品費用、クレジットカード手数料などはかかりません。

【画面イメージ】







日本語版ホーム画面イメージ

 







 








クメール語(カンボジア語)版ホーム画面イメージ







【プロモーション動画】

 

【コンテンツ概要】

コンテンツ名 COW - 写真のフリマアプリ「COW」(カウ)
提供会社 カウ株式会社
販売価格 ダウンロード無料(写真データの購入には別途費用がかかります)
対応機種 Android版(iOS版は2017年8月以降リリース予定)
アプリページ https://play.google.com/store/apps/details?id=tokyo.cow.android.apps.cow&hl=ja
企業Webサイト http://cow.tokyo/


【QRコード】

【会社概要】

社名 カウ株式会社 (COW Inc.)
設立 2016年10月3日
所在地 東京都中野区弥生町2-41-17 東京コンテンツインキュベーションセンター
代表者 代表取締役社長 大木 大地
資本金 20,000,000円 ※2017年5月第三者割当増資を実施
主な株主 経営陣、株式会社東北パートナーズ
お問い合わせ先 info(at)cow.tokyo
  1. プレスリリース >
  2. カウ株式会社 >
  3. 写真の売買で世界から貧困をなくそう!越境型応援プラットフォーム「COW」(カウ)初版リリースのお知らせ