東京海上日動火災保険株式会社、物流倉庫シェアリングサービスを提供するスタートアップ souco に包括保険を提供開始

株式会社souco(代表取締役社長:中原久根人、以下souco)と東京海上日動火災保険株式会社(取締役社長:北沢利文、以下東京海上日動)は、soucoが展開する「物流倉庫のシェアリングサービスsouco」に、東京海上日動の企業財産包括保険を自動付帯した補償サービスの提供を2017年7月より開始する。企業財産包括保険は、同社サービスの利用事業者が利用倉庫に保管している貨物に対する火災・爆発等に起因する損害を補償するだけでなく、賃貸借契約を締結するsoucoの物流施設提供者に対する賠償リスクについても包括的に補償する。

 

soucoは、ネットで倉庫を貸したい企業と借りたい企業を引き合わせるサービスであるが、“小ロット・短期間”でも簡単に倉庫が借りられる一方、保管貨物に対する火災保険も、日割りでも使える無駄のない手軽に利用できる保険がが求められていた。また、常に利用倉庫が目まぐるしく変わるビジネスモデルのため、漏れなく無駄なく借家人賠償責任をカバーできる仕組みが必要だった。

 

そういった課題を解決するために、soucoが物流施設への火災保険に実績のある東京海上日動にシェアリング型に対応した保険商品の開発を依頼した。東京海上日動は、依頼を受け既存商品である企業財産包括保険の一部の規定を修正し、利用事業者の保管貨物対する火災・爆発等リスクとsoucoに対する借家人賠償リスクを抜け漏れなく自動補償する商品を開発した。

 

今回の補償サービス提供に伴い、soucoは倉庫提供側も、倉庫利用側もより安心かつ、スムーズにsoucoのサービスを利用できるものとして、提供側、利用者側双方のサービス利用拡大を目指していく。

【株式会社soucoについて】soucoは、物流倉庫に特化したスタートアップです。物流倉庫と庫内サービスを必要な時に必要なだけ提供することでより「物流をなめらかに」していくことを目指しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社souco >
  3. 東京海上日動火災保険株式会社、物流倉庫シェアリングサービスを提供するスタートアップ souco に包括保険を提供開始